2014年05月30日

メニューイン&フルトヴェングラーのブラームス:ヴァイオリン協奏曲/フルトヴェングラー&ルツェルン祝祭管のシューマン:交響曲第4番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ブラームスのヴァイオリン協奏曲は、フルトヴェングラーとしてはわりにおとなしい、どちらかといえば地味な造型だが、響き自体はまことに立派で風格があり、内に秘められた過剰さを伴わぬ気迫が見事である。

しかし、これがベルリン・フィルだったら、いっそうこくのある表現になったことは疑いを入れない。

メニューインはフルトヴェングラーを心から尊敬しているヴァイオリニストだが、確かに指揮者への傾倒がにじみ出ており、まことに純情、真摯である。

やや線は細いが心がいっぱいにこもって、しかも粘りすぎず、表現上の特徴こそ今一歩とはいえ、フルトヴェングラーともども、音楽が豊かに湧き上がってくることを買いたい。

シューマンの「第4」は有名なドイツ・グラモフォンの録音の3ヶ月後、ルツェルン音楽祭で指揮したライヴ。

ライヴにこそ本領を発揮すると言われたフルトヴェングラーの特質が如実に捉えられるもので、ほの暗いロマンに彩られた、生命力みなぎる名演。

完璧無類のグラモフォン盤の後に聴いても引けを取らない名演だ。

なんといってもライヴの音がして、音に命がこもっているのである。

晩年のフルトヴェングラーだけに実演だからといって踏みはずすことなくベルリン・フィル盤の良さをそのまま保ちつつ、やはり気迫が違うのだ。

第1楽章の出もそうだし、フィナーレ冒頭の弦の刻みの生きていること、主部の第1主題の語りかけなど、ベルリン・フィル盤を上まわる。

ベルリン・フィル盤はSACDされ高音質になったため、録音が同レヴェルなら、筆者はこのルツェルン盤の方を採りたいくらいである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:57コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー | メニューイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ