2014年05月31日

フルトヴェングラー&ウィーン・フィルのマーラー:さすらう若人の歌(ペル)/ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」(1952年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



マーラーの「さすらう若人の歌」では、フルトヴェングラーは音楽を完全にものにしきっており、オン・マイクの録音のせいもあって、F=ディースカウとのスタジオ録音よりもさらに積極的な部分が多い。

弦の心のこもった音色は本当にすばらしく、第1曲、中間部最後のソロ・ヴァイオリンのロマンティックなポルタメントなど、前盤には見られなかったものだし、同じく中間部の木管も含めた小鳥の歌の可憐な鮮やかさも最高だ。

ペルは声がやや大味で、豊かな声で朗々と、心を込めて歌ってゆくが、高音がちょっと苦しいせいか、リズムが崩れるマイナスがないでもない。

しかし、そのために、時には身につまされるような野暮ったいくらいの歌心が伝わってくる。

「エロイカ」は有名なスタジオ録音直後のライヴだけに、同じスタイルを基本としながら、それに即興性を加えたものとなった。

音質は硬いが明快だ。

感銘深いのは第1楽章、レコーディングの後なのでアンサンブルがきっちりと仕上がり、テンポには緊迫感があり、しかも緩急の動きはこの方が大きい。

それでいて最晩年の様式である枯れた味が全篇に流れ、その中に炎の核がほの見えるところがすばらしい。

つづく第2楽章はオーボエの気持ちのこもった歌とか、低弦のフォルティッシモをすごいテヌートで弾かす即興性など印象的な場面もあるが、中間部の盛り上がりやその後のフガートはもう一つだ。

スケルツォからフィナーレにかけてはあまり上出来ではない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:54コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ