2014年05月30日

ギーゼキング&フルトヴェングラーのシューマン:ピアノ協奏曲(1942)/フルトヴェングラー&ベルリン・フィルのブラームス:交響曲第4番(1943)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シューマンのピアノ協奏曲は、フルトヴェングラーとギーゼキングの唯一の協演盤であり、ベルリン・フィルの定期公演における実況盤である。

フルトヴェングラーの特徴は第1楽章に顕著だ。

冒頭和音の気迫、続いて入るピアノとのずれがいかにも彼らしく、木管による第1主題が始まると、心のこもった情感がいっぱいに漂ってくる。

この楽章で彼が言いたかったのは暗い人間の心だったのだ。

中間部初めのクラリネットや再現部の第1テーマはさながらしのび泣きを想わせる。

ギーゼキングも珍しく情緒的な演奏で指揮者に応えている。

第2楽章のフルトヴェングラーはやや歌い過ぎてデリカシーを欠き、第3楽章もわりに冴えない。

しかしコーダの加速はおそらく彼の示唆であろう、スムーズに決まっている。

ブラームスの第4番は、ベルリン・フィルの定期の実況録音で、当時のものとしては響きが豊かだ。

演奏は有名な1948年盤に酷似しているが、オケの状態はこの方が良いくらいである。

特にポルタメントを多用した弦の甘美さが際立っている。

しかし表現の厳しさや深みはさすがに5年後の演奏に及ばず、思い切りの良い決め方も今一歩だ。

このディスクだけを採ればもちろん名演だが、解釈が似ているだけに価値はうすい。

音質はどの復刻CDよりも自然な実在感と生命力にあふれる情報量豊かな再生音をオーパス蔵の復刻盤は持っている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:06コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー | ギーゼキング 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ