2014年05月30日

フルトヴェングラー&ウィーン・フィルのフルトヴェングラー:交響曲第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フルトヴェングラーは初め作曲家を志し、途中で指揮者に転向したのだが、作曲への情熱を捨てきれず、忙しい指揮活動の合間をぬっては作品を発表した。

交響曲は4曲あり、それらの中では1945年に完成した「第2番」が最も有名である。

4つの楽章から成り、後期ロマン派風の響きと内容による長大な音楽だが、色彩的な効果は意識して避けられ、地味で真摯な内容を持つ。

第1楽章は憧れとおののきに満ち、第2楽章ではしっとりとした佇まいが移りやすく変化してゆく。

第3楽章のスケルツォはたいへん魅力的なテーマを持ち、曲想やオーケストレーションにユニークな味わいを見せる。

フィナーレは昔の思い出のような序奏に始まり、高まって勝利の朝を迎える。

アレグロ・モルトの主部は明るいものくると思いのほか、苦味にあふれ、特にモデラートの第2主題以降、展開部にかけては意味深い訴えがすばらしい音楽美とともに進み、全曲中、最も感動的な部分と言えよう。

その後はやや凡長なきらいもあるが、コーダの盛り上がりは果たして勝利なのだろうか。

懐疑的な色がぬぐえないからだ。

初演は1948年2月22日、ベルリン・フィルの定期公演で行われたが、残念ながら録音は残されていない。

本CDは1953年ムジークフェラインザールでのライヴ録音。

個々の楽器はよくとらえられているし、明快でもあるが、ホール全体の溶け合った、豊かな響きに欠ける。

そのせいか、ヴァイオリンの甘美さとか、オーボエの音色などにウィーン訛りが強く、フルトヴェングラーの曲を聴く、という意味においては物足りなさが残る。

しかしフルトヴェングラーの同曲の数種の録音の中で、入手しやすいCDは当盤のみであり、その意味では貴重な録音と言える。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:28コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ