2014年06月14日

ミルシテイン&ボールトのベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、他


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



古くからのファンにとってはミルシテインとボールトの夢の競演と言えよう。

しかもベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲である。

ボールト卿がベートーヴェンの中でもっとも愛したのではないかと思われるのがヴァイオリン協奏曲。

9つのシンフォニーよりもスケールの大きなこの曲を料理するのは容易ではない。

スークとボールトとの共演の名盤があるが、これが緻密すぎると感じる向きにお薦めなのがこのCDだ。

ここでは、珍しく序奏からテンションが高い。

ライヴということもあるのか、ミルシテインの個性からか、いずれにしても白熱しつつも、大変格調の高い名演奏だ。

ミルシテインは引き締まった造形だが、随所にはっとするような、閃きに満ちた清冽な歌がある。

エレガントでスタイリッシュと言うと表層的な演奏という印象を与える心配があるが、ミルシテインの演奏は(特にカップリングされた曲)ほんとうにかっこいい。

そして気品に満ちている。

露ほどのケレン味もなく、くどさや泥臭さとは一切無縁。

しかも、なんと美しい音色なのだろう。

BBCのこのシリーズは実演ならではの白熱した見事なパフォーマンスが楽しめる注目盤が多い。

その中でも録音状態も良好で十分に鑑賞に堪え得る名CDだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:08コメント(0)トラックバック(0)ミルシテイン | ベートーヴェン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ