2014年07月08日

クナッパーツブッシュ&ウィーン・フィルのモーツァルト:「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、他


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クナッパーツブッシュ唯一の録音となるモーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」(1940年録音)に加え、J.S.バッハの3作品(1944年録音)を収録した、クナッパーツブッシュとウィーン・フィルによるアルバム。

何と言っても「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」が楽しい。

筆者の勝手な思い込みで、クナとモーツァルトの相性は悪いと思っていたのであるが、クナの「アイネ・クライネ」の録音が存在していたというのに本当に驚かされた。

モーツァルトの「アイネ・クライネ」は余計な表情をつけなられない曲だと思っていたが、クナはまさにやりたい放題の大暴れ、しかも大成功を収めたのだ。

これを聴いて怒り出してはいけない。

最初は余りにも珍妙な演奏で腰を抜かしたが、ロココ調のセレナードという固定観念にとらわれずに聴けば、なかなかどうして愉快痛快な演奏ではないか。

フレーズごとに耽美的なディミヌエンドをかけ、各声部の動きにあざといアクセントをかけ、ロマンティックな音楽を聴かせるのは乙な趣向だ。

終曲の途轍もないスロー・テンポ! その中でクナは遊びに遊ぶ。

思い切ったポルタメントはほんの序の口、途中で2ヵ所、モーツァルトが書いた伴奏部の音の長さと表情を変え、主題の対旋律としてしまったのである。

天才モーツァルトの楽譜を変更したのだ! こんな勇気は他の指揮者には絶対にない。

これはもはやクナッパーツブッシュ編曲と言い切ってしまってよいほどで、非常に面白い。

アカデミズムを軽蔑するクナの、「してやったり」という顔が目に見えるようではないか。

彼だから許され、彼だから可能な業ではあるが、それでも、このCDは筆者に「モーツァルトでもここまでできるのだ!」という感銘を与えてくれる。

第1楽章もセレナードとは思えぬくらい深々としており、淋しいけれど神経質に陥らないニュアンスが漂い、何よりも豊かな歌が横溢する。

その歌はメヌエット中間部にも現われるが、特筆すべきは第2楽章の美しさで、細部までこれほど丁寧に愛情をこめぬいた演奏は他に決してない。

できるところでは全部リタルダンドをかけ、息の長いクレッシェンドで盛り上げ、コーダでは何と第1ヴァイオリンをソロに変えている。

クナはワルターのように粋に運ぶことはまるで考えていないが、それでいて泥臭くなっていないのは、どこもかしこも真実だからであろう。

筆者はあえて言いたい。

「アイネ・クライネ」のCDは、特別の興味がない人以外には、ワルター(&ウィーン・フィル)とクナッパーツブッシュの2種類だけ持っていればよい。

そして、彼らの演奏を折に触れて聴き比べれば、音楽創造というものの素晴らしさや秘密が、次々と解明されてゆくに違いない。

交響曲第39番と第40番も悠揚迫らざるスケール感と気品高い演奏で聴く者を魅了する。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:43コメント(0)トラックバック(0)クナッパーツブッシュ | モーツァルト 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ