2022年12月01日

ドラマティックな壮絶さ😱心の込め抜いた情感の豊かさ🫀ロマンティシズムの香り💞ヨッフム&シュターツカペレ・ドレスデン🕋ブルックナー:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ブルックナー協会総裁を務めるなどブルックナーの権威として知られていたヨッフムは、ブルックナーの交響曲全集を2度にわたってスタジオ録音している。

最初の全集は、ベルリン・フィルやバイエルン放送交響楽団とともにスタジオ録音を行ったもの(1958〜1967年)であり、そして2度目の全集が本盤に収められたシュターツカペレ・ドレスデンとのスタジオ録音(1975〜1980年)である。

ヨッフムのブルックナー演奏は、1990年代以降に登場して、現在においても誉れの高いヴァントや朝比奈による超名演とはその性格を大きく異にしている。

ヴァントや朝比奈は、荘重なインテンポによって曲想を重厚に、そして精緻に描き出していくというスタイルで一世を風靡したところであり、これは、ブルックナー演奏はインテンポで行うべきであるという現在における基本的な演奏スタイルにも繋がっている。

ところが、ヨッフムの場合は、インテンポなどにいささかも固執していない。

それどころか、テンポは大胆に動かしており、むしろドラマティックで壮絶ささえ感じさせることがあるほどだ。

緩徐楽章などにおける抒情的な旋律の数々も徹底して歌い抜いており、その心の込め抜いた情感の豊かさには、ロマンティシズムの香りさえ漂っている。

このように、現代のブルックナー演奏の定石からすれば、かなり大胆で思い切った表現を駆使しているにもかかわらず、演奏全体の造型が弛緩することなく、ブルックナーらしさをいささかも失っていないというのは、ブルックナーの権威たるヨッフムの面目躍如たるものがあると言えるだろう。

どの交響曲も水準以上の名演であると言えるが、とりわけ第1番、第2番、第6番などの比較的規模が小さい曲が素晴らしい超名演であるというのは、旧全集とも共通している。

他方、第7番や第8番についても、旧全集と同様により壮大なスケール感が欲しいという気もするが、これだけ堪能させてくれれば文句は言えまい。

オーケストラには、シュターツカペレ・ドレスデンを起用しているが、このオーケストラの持ついぶし銀の重心の低い音色が、本盤の各演奏に独特の潤いと温もりを付加させていることを忘れてはならない。

なお、ヨッフムのアプローチは、本全集だけでなく旧全集においても基本的に共通しているが、旧全集よりも若干ではあるが本全集の方がより思い切った表現をとっているように思われる箇所が散見されるところであり、旧全集と本全集の優劣の比較は困難を極めるが、録音面を加味すれば、筆者としては旧全集の方をわすかに上位に置きたいと考えている。

もっとも、それは高次元での比較の問題であり、本全集もブルックナーの権威としてのヨッフムならではの素晴らしい名全集と高く評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:08コメント(2)ブルックナー | ヨッフム 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2022年12月01日 08:09
5 今この時期になって,本全集が採り上げられるとは意外でした。曲に依って差は有るものの傑出した全集としてまず挙げられるべき演奏集だと思います。兎に角SKドレスデンの音色が素晴らしい。リマスターでその特徴は更に秀でたと聞いています。特に2番から5番と7,8番は傑出した秀演と私は考えます。確かにヨッフムの特徴はインテンポに拘らない,メリハリの効いたテンポ,これはチェリやヴァントでは味わえない彼の美点だと思います。
2. Posted by 和田   2022年12月01日 08:22
思い入れの深い全集故採り上げるのは2度目になります。ヨッフムは1950年からドイツ・ブルックナー協会の総裁をつとめ、1958〜66年にもバイエルン放送響及びベルリン・フィルと交響曲全集を完成するなど、ブルックナーの一大権威でした。最円熟期に6年の歳月をかけて完成されたこの2度目の全集は、そうしたヨッフムのブルックナー演奏の総決算といってよいでしょう。ヨッフムが畢生の大事業として取り組んだ気概と、若い時代からのブルックナーへの愛情、そして80歳に迫る人生の観照、さらに神への祈りに通じる想念までが示されています。この巨匠らしい手厚く確信にみちた表現がスケール豊かに、のびやかに発揮されており、あくまで誇張のない自然体の音楽の運びの中から、ブルックナーへの献身と情熱がじっくりと伝わってきます。名門ドレスデン国立管弦楽団も、そうした巨匠の指揮に最良の演奏で応えており、まさにアンサンブルの極致ともいえる演奏を展開し、そのいぶし銀のような響きがいっそう美しい味わいを加えています。この作曲家と作品への豊かな共感を溢れんばかりに表現し、驚くほど円熟した音楽で、ヨッフムのブルックナー芸術の真髄が見事に表出されています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

よろしくお願いします(__)
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ