2014年08月09日

ケルテス&ロンドン響のドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」&第8番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ドヴォルザークは薄命の天才指揮者であったケルテスにとって、特に十八番と言えるレパートリーであったが、特に交響曲第8番は注目すべき秀演と言えるだろう。

この第8番は、ケルテスが残した名演として誉れ高いドヴォルザークの交響曲全集の中でも、傑出した出来映えを誇る演奏になっている。

ここに聴くケルテスの表現は、とにかく自然で音楽的な語り口が目を引くものになっている。

まろやかに溶け合ったブレンドのよい響きと、作品の姿に完全に一致した絶妙な感情の起伏は、自然体の表現をきわめたそのアプローチの中に、この交響曲の本来的な魅力をあるがままに浮き彫りにする結果をもたらしているのである。

また説得力も強く、鋭い感受性で曲を着実かつ流麗の表出しており、確信のこもった表情が若々しく、作品に内在する民族性もごく自然に表われている。

ケルテスの数多い録音の中でも、この指揮者の妙技を偲ばせてくれる最高の演奏の1つと言っていいだろう。

一方、「新世界より」はスケールが大きく、緩急のバランスや楽器の統御も正確だが、第8番の演奏に比べると、いくらか精彩に乏しい感じを受ける。

第1楽章ゆっくり目なスタートなのだが比較的「含み」は少ない感じで、あの象徴的なティンパニは、やや残響が強調されストレートな勢いからは脱したようだ。

普通のテンポになった展開部では切れ目のない弦の美しさが少し目立ち気味だが、反復演奏も含めてよく整理され練れた仕上がりになっている。

第2楽章は静かにしつつ管楽器を際立たせ、さらに弦のしっとり感がボヘミア的な郷愁色を煽る。

舞曲風で弦が隠れる程、時折ここでもティンパニの残響と管楽器の動きを強調した面白い第3楽章を経て、最終楽章の出だしはしっかり踏み込んで行く。

全体的にやや音色が平板になった点と、一部ちょっとした節の切り替えに納得が行かない部分もあるが、弦の旋律線に乗りながらのピークでの実に堂々とした運びは素晴らしい。

ケルテス自身かなり意図した事は明白で、少なくとも二番煎じの演奏にはなってないが、筆者には当時30歳過ぎの若きケルテスが、かのウィーン・フィルにあれだけの名演奏をさせ、ウィーン・フィル自体も持ち得る実力を最大限に発揮した1961年盤の方が強烈のように思える。

録音は、英デッカによるものだけに、従来盤でも鮮明で良好な音質である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:01コメント(0)トラックバック(0)ドヴォルザーク | ケルテス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ