2014年08月25日

チョン・ミュンフン&パリ・バスティーユ管のビゼー:管弦楽作品集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤にはビゼーの有名な管弦楽曲の演奏が収められているが、いずれも素晴らしい名演だ。

チョン・ミュンフンは、パリ・バスティーユ管弦楽団とともに幻想交響曲の名演を成し遂げるなど、フランス音楽を得意中の得意としているが、本演奏においてもその実力や楽曲との相性の良さが如何なく発揮されている。

ビゼーの管弦楽法は、その後の作曲家からの賞賛の的とされているが、チョン・ミュンフンは、その巧みなオーケストレーションを完璧に音化し、色彩感溢れる演奏を繰り広げている点を先ずは評価したい。

また、楽曲のトゥッティに向けて畳み掛けていくような生命力溢れる力強さや、抒情的な楽曲における情感の豊かさにおいても申し分がないところであり、いい意味での硬軟バランスのとれた演奏に仕上がっている。

また、「カルメン」組曲における情熱的なスペイン的情緒や、「アルルの女」組曲における南仏の牧歌的な雰囲気などの描出にもいささかも抜かりがなく、オペラにも名演の数々を成し遂げているチョン・ミュンフンの演出巧者ぶりが際立っていると言えるだろう。

「カルメン」組曲や「アルルの女」組曲については、先般SACD化によって更にグレードが上がったクリュイタンスによる超名演(1964年)があり、それはフランス風のエスプリに満ち溢れた瀟洒な味わいを色濃く有していた。

本盤におけるパリ・バスティーユ管弦楽団による演奏も、金管楽器によるロマンティシズムに満ち溢れた華麗な音色や木管楽器の軽妙洒脱な音色など、クリュイタンスの指揮の下で演奏したパリ音楽院管弦楽団と遜色がないほどのセンス満点の名演奏を繰り広げており、少なくともオーケストラ演奏に関しては、クリュイタンス盤に一歩も引けをとっていないと考える。

録音は従来盤でも十分に満足し得る鮮明な音質であり、チョン・ミュンフンによる素晴らしい名演を、鮮明な高音質で味わうことができるのを大いに喜びたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:51コメント(0)トラックバック(0)ビゼー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ