2014年09月15日

セル&クリーヴランド管のドヴォルザーク:交響曲第7番、他


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



セル&クリーヴランド管弦楽団によるドヴォルザークやスメタナの楽曲の演奏はいずれも素晴らしい。

古典派とならんで、民族色の強い作品もセルは得意としていたが、本盤はチェコ音楽の父と言われるスメタナと、彼と並んで同国を代表するドヴォルザークという組み合わせで、その持ち味を堪能できる。

全盛時代のセル&クリーヴランド管弦楽団は、各楽器セクションが一つの楽器のように聴こえるような一糸乱れぬ鉄壁のアンサンブルを誇ったことから、「セルの楽器」とも称された完全無欠の演奏を展開していたところであるが、1960年代半ば頃までの演奏は、そうした完全無欠の演奏が、ある種の技量に偏ったメカニックな冷たさを感じさせたのも否めない事実であるところだ。

そのようなセルも1960年代後半の最晩年に差し掛かると、クリーヴランド管弦楽団の各奏者にも一定の自由を与え、芸風により柔軟性が垣間見られるようになったところであり、円熟の味わい深い名演奏を成し遂げるようになった。

もっとも、ドヴォルザークやスメタナなどのチェコ音楽については、何故か1960年代半ば以前の演奏においても、そうした晩年の演奏にも比肩し得るような情感豊かな味わい深い演奏を行っていたところである。

これは、ドヴォルザークやスメタナなどのチェコ音楽には、セルの母国であるハンガリーの隣国の音楽ということもあり、セル自身が深い愛着と理解を有していた証左と言えるのかもしれない。

本盤に収められたドヴォルザークの交響曲第7番や序曲「謝肉祭」、そしてスメタナの歌劇「売られた花嫁」からの抜粋である序曲、フリリアント、ポルカの各演奏においてもそれは健在であり、表面上は鉄壁のアンサンブルを駆使した完全無欠の演奏でありつつも、各フレーズの端々には、前述のようなチェコ音楽への深い愛着と理解に根差した豊かな情感が込められていると言えるところであり、いずれも味わい深い素晴らしい名演に仕上がっていると高く評価したい。

特にドヴォルザークの第7番では、堂々たる重厚な響きの両端楽章と、優美で味わい深い緩徐楽章や民族色溢れる軽快な舞曲の楽章を見事に描き分け、壮大に全曲を締め括る貫禄の名演を披露している。 

ちなみに、セルは、この第7番を1度しか録音しておらず、この演奏は、1960年というかなり古い音源のものであるが、本盤は最新の「マスター・サウンド」技術で作られており、弱音部での若干のノイズを除けば、音質は明らかに大幅に改善されており、ほとんど古さを感じないまでになっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:52コメント(4)セル | ドヴォルザーク 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2021年08月15日 10:36
5 録音は古めかしくなったものの,今なお同曲最良の演奏で,ノイマンの新旧両盤とともに一押しの名演です。特に民族色が濃厚で,リズム感や軽快な抒情感はセルならではのもの。チェコ出身で清新な演奏を繰り広げるノイマンよりハンガリー系のセルの方がボヘミア魂を表出している様で興味深く感じます。
2. Posted by 和田   2021年08月15日 13:25
同曲はドヴォルザークの全交響曲の内でも、その恩師ブラームスの影響が最も大きく開花した傑作で、その後の「第8」「第9」に見られる民族的抒情性が抑制され、構築的な、よく書き込まれた作品となっています。私の一押しのマゼール&ウィーン・フィル盤は、この曲のそうした側面を見事に引き出した名演です。特に第1楽章での、流麗なフレーズと、とつとつとしたブラームス的な後ろから押し上げる音型との対比は鮮やか。一見個性的ですが、私に「第7」の魅力を知らしめてくれた名録音であり、この曲の本質をよく捉えた唯一無二の超名演と評しても過言ではありません。
3. Posted by 小島晶二   2021年08月15日 23:23
私は逆に7,8両曲の方が民的抒情性が強く,9番はかなりアメリカナイズされていると思います。そんなことは兎も角,マゼールの演奏はゆったりと構えた正統的秀演。他の録音に比べて演奏時間も長めになっています。ウィーンフィルのアンサンブルは流石ですが,録音は今となってはやや鮮明さが足りなく感じます。でも以前は7番単売されていたのに,現在は8番とカップリングされた廉価盤で手に入る時代になったとは。
4. Posted by 和田   2021年08月15日 23:32
サヴァリッシュ&フィラデルフィア管の第7番は現在はチェロ協奏曲とリカップリングされています。この曲でもアメリカ的で開放的なパワフルなサウンドが聴けるかというとそうではなく、サヴァリッシュは金管楽器を注意深く抑えて、弦楽器や木管楽器を巧みに前面に出しています。余裕のあるパワーは充分に感じられますが力で押す演奏ではなく、あくまでもバランス技で絶妙な均衡を導く指揮が彼の流儀です。純度の高い表現であり、推進力が強く、軽快なリズム感によって勢いのある音楽を聴かせてくれます。またインターナショナルなメンバーによるセッションなので、強烈な民族性というのも期待できませんが、逆にこの曲を総合的に見極めた、洗練されたより古典的な美しさが特徴でしょう。1990年代初めのデジタル録音ですが、全体的にやや切れが悪い音質に弱点があります。第8、9番も聴いてみたくなります。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ