2014年12月26日

ヴンダーリヒ/ラスト・リサイタル


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤には、1966年9月17日、ヴンダーリヒが天に召される9日前のエジンバラでのラスト・リサイタルが収められている。

全体に自信に溢れた歌唱で、それは黄泉の国に響くような悲しい美を湛えているが、なかでも感動的なのは、シューマンの歌曲集《詩人の恋》である。

わずか36歳の若さで事故死したこの不世出のテノールの歌唱は、この曲集の「永遠のスタンダード」として、今日の我々をも魅了してやまない。

前項に述べたように、《詩人の恋》は、恋の始まりから、思い出のすべてを海の底に葬るまでを描いた、ハイネの詩による美しい16曲の連作歌曲である。

シューベルトの《水車屋》の詩人ミューラーがひたすら出来事と心の表層を歌うのに対し、ハイネは若者の内面を描かずにはおれない。

まさに、ロマン気質のシューマン好みではないか。

名曲中の名曲であるだけに、《詩人の恋》は名盤があまた残されているが、最も美しいドイツ語発音と、最も美しいドイツ的唱法を示した名唱は、「忘れ得ぬテノール」とドイツで呼ばれている往年のリリック・テノール、ヴンダーリヒによるもの。

ヴンダーリヒには数種の録音があるが、ピッチの不安や緊張感を残しながら、音楽的感興の豊かさで本盤のライヴ録音を採りたい。

恋の甘い陶酔や憂い、失恋の予感の焦燥から、魂の慟哭までを難なく歌う、こんなに幅広い表現力の声があったろうか。

若い詩人の心の痛み、うずき、甘美な陶酔とほとばしる憧れのすべてを、天与の美声で難なく歌っており、F=ディースカウのスタイルと対極にある理想の《詩人の恋》と言って差し支えあるまい。

ただ天の命ずるままに歌い、声の赴くままに表現し、声が自然に詩人の傷ついた魂を語り出すのだ。

ここでのみずみずしいロマンティシズムと輝かしい声の美しさは、青春のナイーヴな想いを雄弁に語りかけており、その切なくも甘美な世界の魅力の虜となってしまう。

ただし、音質はあまり良くないので、うるさいことを言わなければDG盤のスタジオ録音でも十二分に満足し得る名唱だが、こだわる人はぜひとも本盤を手に入れるべきだと思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:59コメント(0)トラックバック(0)ヴンダーリヒ | シューマン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ