2014年12月29日

メジューエワのショパン:バラード全集、子守唄、舟歌


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ここ数年の充実した演奏・録音活動が着実な評価を得ているロシアのピアニスト、イリーナ・メジューエワの威風堂々たる素晴らしい名演だ。

ゲンリヒ・ネイガウス→テオドール・グートマン→ウラジーミル・トロップ→そしてメジューエワと受け継がれてきたロシア・ピアニズムならではの繊細霊妙なタッチが生み出す馥郁たる詩情。

虚飾を排し、ひたすら作品の本質に迫る真摯な精神性に貫かれた強靭なピアニズムは、作品そのものの魅力を存分に引き出すことに成功している。

スケルツォ全集のレビューにも記したが、メジューエワは、ショパンがスコアに記した音符のすべてを、1音たりとも蔑にせず、完璧に弾き抜いている。

要は、メジューエワのショパンには曖昧模糊なところが全くない。

それ故に、旋律線が実にくっきりと明瞭に描き出されることになる。

だからと言って、音楽の流れが損なわれることはなく、陰影の乏しい演奏ということにもなっていない。

それどころか、メジューエワの卓越した表現力が、こうしたピアニズムを見事にカバーし、女流ピアニストならではの繊細な詩情も相俟って、珠玉の芸術に仕立て上げるという途轍もない、離れ業とも言うべき至芸を示している。

このような風格のある堂々たるショパンは、他にもあまり類例を見ないものであるが、メジューエワは、まさに、21世紀の新しいショパン像を確立したとさえ言えるだろう。

メジューエワは間の取り方とその空間への音のしのばせ方が本当に絶妙で、特にバラードに対しては最高の効果を発揮している。

この巧さは現役ピアニストでは随一と言えるところであり、彼女は技巧を前面に出すタイプではないのだが、これらは寸分の狂いもないタッチと完璧なペダルコントロールがあって初めてなせる業であり、圧倒的な表現の深さを支えているのは、こうした超高等テクニックなのだと改めて感心した次第である。

このような素晴らしいピアニストが、我が国を拠点として活動していることに感慨を覚える。

収められた楽曲はいずれ劣らぬ名演揃いであるが、特に、感動したのは舟歌で、メジューエワは、この曲の切ないほどの哀しみ、希望と不安、絶望と憧憬を歌っている。

この陰影のはっきりした楽曲は、前述のようなメジューエワのアプローチに見事に符合する作品であり、おそらくは、同曲の過去の様々な名演の中でもトップの座を争う名演と高く評価したい。

録音は、2006年6月22〜23日、新川文化ホール(富山県魚津市)に於けるもので、音質も鮮明で実に素晴らしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:50コメント(0)トラックバック(0)ショパン | メジューエワ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ