2015年01月05日

メジューエワのショパン名曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ショパンの超有名曲を中心にカップリングされた好企画CDであるが、いずれもメジューエワの特徴が表れた素晴らしい名演だ。

メジューエワは、本盤に収められた諸曲の大半を、既に録音しているが、本盤は、そうした既録音を抜粋したものではない。

いずれも、本CDのために新たに録音したものであるのがミソなのである。

既CDとの違いは、ボーナストラックとして収められた3曲を除いて、表面上はさほど感じられないが、ショパンの名だたる楽曲を録音した上での録音だけに、ここには、いつものメジューエワ以上に、自信と風格に満ち溢れた音楽である。

それにしても、メジューエワのショパンには、どうして、このように堂々たる風格が備わっているのであろうか。

メジューエワの、1音たりとも揺るがせにしない丁寧とも言えるピアニズムがそうさせているとも言えるが、筆者としては、それだけではなく、ショパンへの深い愛着と理解があるのではないかと考えている。

本盤の大半は、いわゆる有名曲であるが、こうした風格があり、なおかつ深みのある音楽は、通俗名曲集などといった次元をはるかに超えた高みに達している。

きわめて自然な息遣いをもってショパンならではの「詩情」と「憂愁」を情感豊かに表出する、しなやかで強靭なピアニズム、ここに「ショパンの魂を語り継ぐ真のショパン弾き」メジューエワの真価がある。

作品に込められた内的葛藤と、日々の心象風景を見事に描き切り、ショパンにとって極めて大切な各々特有のリズムを、闊達な躍動感と万感胸に迫るような哀感を携えて織り上げるのである。

それは作品が誕生してから経過した200年近くの時空を打ち消し、その作品が今生まれたばかりのような新鮮さと情熱、そして生き生きとした生命力をもって我々の前に示してくれるのである。

イリーナ・メジューエワこそ、ショパンの魂を後世に語り継ぐ真のショパン弾きである。

筆者が特に感動したのは「幻想即興曲」。

これほど崩して弾いているのに、全体の造型がいささかも崩れることがないのは、殆ど驚異ですらある。

ボーナストラックの3曲は、メジューエワのライヴ録音を記録した貴重なもので、特に、「黒鍵」の千変万化のピアニズムには大いに酔いしれた。

24bit+96kHz Digital録音も、鮮明で素晴らしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:35コメント(0)トラックバック(0)ショパン | メジューエワ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ