2015年01月15日

クレンペラー&ニュー・フィルハーモニア管のフランク:交響曲[SACD]


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



晩年のクレンペラーならではの豊かな音楽性に裏打ちされたスケール雄大な至高の名演である。

フランクの交響曲は、瞑想的ともいえる響きの中に深い情熱を宿した傑作であるが、クレンペラーは卓越した造形力で、重厚な響きの中にも生命にみちた音楽を表出していて素晴らしい。

クレンペラーは、フランクの交響曲においても、例によって、ゆったりとしたインテンポで楽曲を進めていくが、よく聴くと、インテンポというように単純に割り切れるものではなく、実にニュアンス豊かなコクのある演奏を行っているのがわかる。

トゥッティの箇所においては、テンポを自在に動かして、各管楽器の強弱に微妙な変化を付けさせている。

巨大な音空間が眼前に現れ、あたりは冷たい静寂に支配されている。

遅いテンポと重厚な響き、冷めた視線に孕む狂気、いかにもこれはクレンペラーの音楽である。

前半の2つの楽章が立派なのは言うまでもないが、第3楽章も異様に重厚でスケールが大きく、圧巻。

どっしりした構えには風格があり、ゴツゴツした風合いも苔むし寄生植物に覆われた巨木の太い幹のようで、凄まじいパトスを放っている。

特に、木管楽器の響かせ方は、他の演奏では決して聴くことができない味わい深さがあると言えるところであり、いかにも巨匠クレンペラーの奥の深い芸術性を感じさせる。

低弦の響きも実に分厚いものがあり、フランクの交響曲の、いわゆるドイツ的な要素を全面に打ち出した至高の名演と高く評価したい。

飄々と進められるアポロ的なモントゥー盤のまさに対極にあるデュオニソス的名演とも言えるところであり、その重厚な音の運びによりフランクらしい憧れの感情が熱く伝わってくる超名演である。

巷間では重厚すぎてフランクらしくないといわれ、定評の高くなかった演奏であるが、堂々たる個性と存在感、そして厳然たる美しさを兼ね備えた演奏であることは否定できまい。

本盤は、名演のわりには、長らく輸入盤でしか入手できなかったが、久々に、しかもHQCD化されて登場したのは大変歓迎すべきことであると考える。

音質は、旧来の輸入盤と比較して、若干鮮明になるとともに、音場がより広くなったのも素晴らしい。

しかしながら、先日、ついに、究極の高音質シングルレイヤーのSACD盤が発売された。

これは、HQCD盤を含め、これまでの従来盤の音質とは次元の異なる超高音質だ。

マスター音源まで遡ったこともあるとは思うが、各楽器の鮮明な分離や厚み、そして音場の広がりの雄大さなど、我々が望む最高の音質がここにある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:33コメント(0)トラックバック(0)フランク | クレンペラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ