2015年02月09日

ミケランジェリのドビュッシー:前奏曲集第2巻


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1988年の録音で、第1巻から10年後につくられた。

第1巻同様、ここでもミケランジェリが示す完全主義的なピアニズムは徹底しているが、第1巻以上に、その傾向は強まっていると言えるのかもしれない。

特に、この第2巻の孤高なまでに美しい音と表現は、まことに印象的である。

ミケランジェリのシャープに研ぎ澄まされた音感覚が発揮された、タッチのコントロールが絶妙な演奏であり、彼らしい透徹した響きと表現に包まれている。

この作品に特徴的な、空中で浮遊しているような音響効果について、その空間感覚の見事なこと。

ここまで徹底してくると、その完全主義的傾向にもどこか神秘的な要素さえ感じられてくるかのようである。

ドビュッシーの音楽は明晰な明るさからはじまったが、晩年に近づくにつれてモノクロ的な陰翳さを増していった。

というよりも彼は明るさの代償として、デモーニッシュな情念を闇のなかに追放していったのだが、それが抑えきれなくなって、しだいににじみ出てくることになる。

この明暗の対比を、ミケランジェリほど的確にとらえ、鮮明に浮き上がらせたピアニストはいない。

精神を徹底的に磨きぬいてゆけば、簡素さに達するだろう。

それはぎらぎらした油絵の色彩に代わって、すっきりした心地よさと潔さに通ずる。

しかし、さらにそれを突き詰めてゆくと、簡素さが晦渋さに、明るさが暗さに反転する境界、つまり神秘的な幽玄の世界への入り口が現れる。

そのときにいわば此岸と彼岸を自由に往来する道が開け出る。

ミケランジェリが究極目指した演奏スタイルは、まさにここにあったと思われる。

まったく個性的な演奏なのだが、それが少しの無理もなく、普遍的な高みに達しているところに、この演奏、ひいてはミケランジェリというピアニストの、真の偉大さがあると言えよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:32コメント(0)トラックバック(0)ドビュッシー | ミケランジェリ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ