2015年03月07日

ガーディナーのレハール:喜歌劇「メリー・ウィドウ」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1994年にガーディナーがウィーン・フィルを指揮して録音したレハールのオペレッタ「メリーウィドウ」の全曲盤。

レハール本人が1940年にウィーン・フィルとこのオペレッタの序曲を録音しているが、ウィーン・フィル演奏の全曲盤となると このCDが初めてではないだろうか。

「メリー・ウィドウ」は超有名曲だけに名演が多いが、ライバルであるカラヤンやマタチッチなどの同曲異演盤と比較した場合の本盤のアドバンテージは、何といってもウィーン・フィルを起用したことにあると思われる。

間違えば趣味が悪くなってしまいがちな「メリー・ウィドウ」を、ガーディナーとウィーン・フィルが、軽やかに、品良く、甘美に演奏している。

レハールの甘美な円舞曲の旋律をウィーン・フィルが演奏すると、高貴にして優美な魅力がより一層ひきたつことになる。

ルーペルト・シェトレの「舞台裏の神々」によると、ガーディナーとウィーン・フィルの関係は微妙(同書では指揮者名を明示していないが、文脈から十分に類推可能)であり、本盤もスタジオ録音だけに相当数の編集(つぎはぎ)が行われているものと拝察されるが、それでも収録された楽曲全体として、これだけの美演を披露されると文句のつけようがないではないか。

歌手陣も実に豪華な顔ぶれである。

ツェータ男爵役のターフェル、ハンナ役のステューダー、ヴァランシェンヌ役のバーバラ・ボニー、そしてダニロ伯爵役のスコウフスという主役四者に、現在望み得る最高の歌手を揃えたのが大きい。

これにカミーユ役のトローストを加えた五重唱は、あまりの美しさに思わずため息が出そうになる。

合唱には、いかにもガーディナーらしくモンテヴェルディ合唱団を活用しているが、これまた最高のパフォーマンスを示している。

オペレッタではなくオラトリオっぽいという批判もあるが、“ウィーン風”に頼らずに、サッパリとした現代風のラヴコメディとしても立派に通用する作品だということをこの録音が見事に証明している。

録音も非常に鮮明であり、「メリー・ウィドウ」の名演盤の1つとして高く評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:41コメント(0)トラックバック(0)ガーディナー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ