2015年01月30日

ケンペ&ミュンヘン・フィルのベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ケンぺ&ミュンヘン・フィルの偉大なベートーヴェンの交響曲全集の有終の美を飾る名演だと思う。

あらゆる交響曲の中でも最高峰に位置するベートーヴェンの「第9」をケンペは、壮大で深い内容をもつこの交響曲に対し、微塵の衒いも見せず、ベートーヴェンに正対した姿勢をとりつづける。

そして彼はこの作品の根底にひそむ、偉大なものへの悟りにたどり着いたかのような印象をリスナーに与えてくれ、ケンペならではの深い表現がここにある。

当時のベートーヴェン解釈の本流をいくもので現代のベートーヴェン像とはやや距離をおくところもあるが、当時のほかの演奏と比べた場合、ケンペのアプローチはより普遍性を持っていることが実感される。

ケンぺの指揮はあくまでも正統派、気を衒うことは決してせず、彫琢の限りを尽くし、丹念に仕上げられている。

堂々たるやや遅めのインテンポで、愚直なまでに丁寧に曲想を描いていく。

しかし、そうしたケンぺの「第9」への真摯な姿勢が、ベートーヴェンの音楽の美しさ、力強さを一点の曇りもなく聴くものにダイレクトに伝えてくれる。

一切の虚飾を排し、自らが信じるベートーヴェンを明確に打ち出しているためだろう。

我々は、ケンぺの演奏を聴くことによって、指揮者の個性ではなく、ベートーヴェンの音楽の魅力を満喫することができる。

ここに、ケンぺの演奏の真の偉大さがあると言えるだろう。

このようないぶし銀の魅力を持ったドイツ正統派のベートーヴェンは、今や聴くことはほとんどできないが、それだけに、軽妙浮薄がまかり通る現代においてこそ、尊ばなければならないケンぺの至芸と言えるだろう。

温かみがあり、良い意味でのローカル色が感じられるミュンヘン・フィルの響きも魅力的で、チェリビダッケ時代に世界に雄飛する以前の、やや肌合いの異なるオーケストラの味わいが如実に記録されている。

地味ではあるが、存在価値の大きい名盤と言えよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:54コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | ケンペ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ