2015年02月17日

N・ヤルヴィ&ベルゲン・フィルのハルヴォルセン:管弦楽作品集-2


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ネーメ・ヤルヴィ&ベルゲン・フィルによるヨハン・ハルヴォルセン(1864-1935)の管弦楽曲集の第2弾であるが、第1弾に優るとも劣らない名演だ。

ハルヴォルセンは、エドヴァルド・グリーグ(1843-1907)の後継者としてノルウェー楽壇を支えた、フィンランドのヤン・シベリウス(1865-1957)やデンマークのカール・ニールセン(1865-1931)と同世代の音楽家である。

ヤルヴィは、若い頃から、特に北欧の知られざる作曲家の名作を熱心に録音してきたが、老いてもなおそうした情熱を失わない姿勢に大いに敬意を表したい。

それにしても、ハルヴォルセンの管弦楽曲は実に親しみやすい。

どの曲も、北欧の大自然を彷彿とさせるような美しい抒情豊かな旋律に満ち溢れている。

ノルウェーの作曲家と言えば、同時代の作曲家グリーグばかりに光が当たっているが、その作品の質の高さにおいては、殆ど遜色がないと言えるのではなかろうか。

第1集には「仮面舞踏会」からの組曲というニールセンと比較したくなってしまう作品があったが、この第2集はどうしてもグリーグと比較したくなってしまう作品集だ。

特に、本盤に収められた交響曲第2番は、グリーグが習作の域を出ない交響曲しか遺していないだけに、ハルヴォルセンの偉大さがよりクローズアップされる。

グリーグは、交響曲を1曲作ったものの、同時代のノルウェーの作曲家スヴェンセン(1840-1911)の作品を聴いてその交響曲を以後演奏しないこととしたほどで、この分野ではハルヴォルセンに分があったと言えるだろう。

「宿命」というベートーヴェンの「運命」、チャイコフスキーの「悲愴」などと同じモティーフで作られた非常に重厚感あふれる大曲である。

第1番もなかなかの名作ではあったが、第2番には、チャイコフスキーの後期3大交響曲に顕著に見られるような運命のモティーフを効果的に用いるなど、とてもノルウェーのローカルな作曲家の範疇にはおさまりきらないような傑作と言えるのではないか。

後期ロマン派から近代国民派において少々古典的な手法の交響曲であるが、ノルウェーにおいてグリークが満足に交響作品を生み出さなかった事を考えると、この作品は十分価値のある作品だと思う。

特に、3作品の内、当第2番はダイナミズム・規模とも第一級の交響曲と言えるだろう。

「ノルウェー舞曲」も、グリーグの作品も名作ではあったが、ハルヴォルセンのそれは、民族色の濃さにおいて、違った魅力がある。

「ノルウェーの旋律」も、ヴァイオリンのソロとオーケストラが巧みに融合された実に美しい作品だ。

いずれにしても、本盤は、ハルヴォルセンの再評価に繋がることについて、大いに期待を持てる名CDと高く評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:43コメント(0)トラックバック(0)ヤルヴィ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ