2015年05月09日

ヤンソンスのマーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」[SACD]


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



2011年3月4日&6日、アムステルダムのコンセルトヘボウに於けるライヴ録音で、ヤンソンス&コンセルトヘボウ・アムステルダムによるマーラーの交響曲チクルスの第6弾の登場だ。

演奏内容は、2012年秋にリリースされた「マーラー交響曲全曲ライヴ映像」に含まれていたものと同じであるが、このたびその映像もボーナスとして、ブルーレイ、DVDふたつのフォーマットで用意されるといううれしい配慮がなされている。

前作の「第3」や前々作の「第2」も名演であったが、今般の「第8」も素晴らしい名演と高く評価したい。

「第2」や「第3」もそうであったが、先ずは、録音の素晴らしさについて言及しておきたい。

本盤も、これまでと同様のマルチチャンネル付きのSACDであるが、世界でも屈指の音響を誇るコンサートホールとされるコンセルトヘボウの豊かな残響を活かした鮮明な音質は、これ以上は求め得ないような圧倒的な臨場感を誇っている。

特に、マーラーの合唱付きの大編成の交響曲の録音において、オーケストラの各セクション、独唱、合唱が明瞭に分離して聴こえるというのは殆ど驚異的な高音質であると言えるところであり、それぞれの楽器や合唱等の位置関係までがわかるほどの鮮明さを誇っている。

これまで、マーラーの「第8」では、インバル&東京都交響楽団ほかによる超優秀録音(本盤と同様にマルチチャンネル付きのSACD録音)にして素晴らしい名演があったが、本盤も当該盤に比肩し得る極上の高音質であり、なおかつ素晴らしい名演であると言えるだろう。

「第8」は、重厚長大な交響曲を数多く作曲したマーラーの手による交響曲の中でも最大規模を誇る壮大な交響曲である。

オーボエ4、イングリッシュホルン1、ホルン8のほか、チェレスタ、ピアノ、ハルモニウム、オルガン、ハープ2、マンドリンも擁する巨大オーケストラに加えて、児童合唱団や2組の大合唱団、さらには多くの独唱者たちというその特異な編成もさることながら、全曲の最初と最後に山場が置かれる独特の構成や、その間のさまざまな楽器の組み合わせによる多様なひびきの面白さ、カンタータやオラトリオを思わせるセレモニアルな性格に特徴がある。

したがって、全体をうまく纏めるのが難しい交響曲でもあると言えるところだ。

ヤンソンスは、全体の造型をいささかも弛緩させることなく的確に纏め上げるとともに、スケールの大きさを損なっていない点を高く評価したい。

また、その一方で、長丁場のドラマ作りが難しい作品とも言えるが、そこはヤンソンスのこと、中盤過ぎまで抒情的な部分が占める第2部では、埋もれがちな細部の掘り起こしにも余念がなく、第1部の冒頭主題が回帰する第2部終結部に至る道のりを丁寧な音楽づくりで手堅く纏め上げている。

そして、そのアプローチは、曲想を精緻に描き出して行くというきわめてオーソドックスで純音楽的なものであり、マーラーの光彩陸離たる音楽の魅力をゆったりとした気持ちで満喫することができるという意味においては、前述のインバルによる名演にも匹敵する名演と言える。

コンセルトヘボウ・アムステルダムは、前任のシャイー時代にその独特のくすんだようないぶし銀の音色が失われたと言われているが、本演奏においては、そうした北ヨーロッパならではの深みのある音色を随所に聴くことが可能であり、演奏に奥行きと潤いを与えている点を忘れてはならない。

豪華メンバーを揃えた独唱陣も素晴らしい歌唱を披露しており、バイエルン放送合唱団
、ラトビア国立アカデミー合唱団、オランダ放送合唱団、オランダ国立少年合唱団、オランダ国立児童合唱団も最高のパフォーマンスを示していると評価したい。

いずれにしてもヤンソンスがコンセルトヘボウに鳴り響かせた大宇宙を捉え切った極上の高音質SACD盤(同内容の全曲演奏を収録した映像特典つき)で味わえるのを大いに歓迎したいと考える。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:39コメント(0)トラックバック(0)マーラー | ヤンソンス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ