2015年04月08日

リリー・クラウスのシューベルト:即興曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



リリー・クラウスが最も得意にしたのはモーツァルトであるが、最も彼女の個性を羽ばたかすことが出来たのは、シューベルト、それも即興曲においてであった。

モーツァルトを弾くにはある種の抑制が必要であり、クラウス自身、次のように語っている。

「モーツァルトの演奏を湖に例えれば、その湖底は激しく渦巻いていなければなりません。しかし、その表面は僅かに波立つ程度でなければいけないのです」。

しかしシューベルトはロマン派だからもっと自由に感情を吐露できるので、この即興曲において、クラウスは自分のすべてをぶちまけ、何の気がねもなく自分自身のあらゆる感情を出し尽くしている。

彼女は火のような情熱の持ち主であり、極めて多感な芸術家であるが、彼女としては抑制を大いに効かせた筈のモーツァルトでさえ、表情が強すぎる、という人も居るくらいだ。

ましてや、垣根がまったく取り払われたシューベルトでは、クラウスがあまりにも強い感情移入を果たしているため、表情が絶えず大きく、フォルティッシモのキメの粗さを見せる場面も無いではない。

醒めた眼で楽譜を眺め、それを卓越した技術でクールに音化することを良しとする現代の風潮に、クラウスのシューベルトは主観的でありすぎるかも知れない。

しかし、芸術というものは元来が自己主張であり、自分はこう思う、というものが強くあるからこそ人前で演奏するので、要はそれが感動的であるか否かの問題なのであって、自分の感情を殺しては芸術も何もありはしない。

もっとムラのないタッチで滑らかに弾かれた即興曲のディスクは他にもたくさんあるが、こんなに雄弁に語りかける、多彩な人間感情に満ちた演奏は決してあり得ない。

クラウスの表現の幅は実に広く、男性ピアニストをさえ凌ぐフォルティッシモの迫力、低音の充実と高音の燦くような輝き、音色の絶妙な変化、リズムの間の名人芸、痛切なアクセント、大きなクレッシェンドとデクレッシェンド。

そして、それらを駆使して表出されるのは、シューベルトが即興曲に托して歌い上げた人生のすべてである。

悲しい訴え、劇的な凄絶さ、優しい慰め、孤独感、迸る情熱、心からの祈り、それらがスケール雄大な造型と最高の音楽性の中に表われるのだ。

全8曲、すべてが名演の名に恥じないものばかりだが、わけても「作品90の2」はその比を見ない。

冒頭の波を打つような右手の音型からして、他のピアニストとはまるで違っており、何も特別なことをしていないのに音楽が泉のように溢れ、花のように香り、極めて自然に流れてゆく。

コーダの凄まじいアッチェレランドと終結の生きた間もクラウスならではの献身的な姿であり、まさに宝石のような一篇と絶賛したい。

「作品90の1」の壮大なバラードも見事で、大波の揺れるようなメロディの歌と、恐ろしい運命のリズムと、感じ切った心が忘れ難い。

また「作品90の4」の中間部で、左手の冒頭をまったくペダルを使わずに弾き始める大胆な表現にも息を呑む。

こんなに厳しい弾き方は他のピアニストには決してできないし、弱音の美しさを何にたとえよう。

クラウスは体全体、魂全体で嘆いていて、彼女の舞台姿が眼前に浮かぶような名録音と言えよう。

さらに「作品142の3」が絶品で、このヴァリエーションは最も高い意味における愉しみがあり、そこには愉悦の美音が氾濫し、哀しみの極みでさえもわれわれの心を慰めてくれる。

まさに音楽の行き着く至高の境地であろう。

クラウスは変奏の1つ1つを、お伽話のように語りかけ、最後、「お話はこれでお終い」というように全曲を閉じるのである。

「作品142の4」はクラウスの十八番で、多彩な音色と表現力を駆使した名人芸は、ついにこれ以上求め得ないギリギリのコーダとなって、驚くべき緊張の裡に終結する。

それは「作品90の2」のエンディングとともに、命を賭けて音楽と対決する真の芸術家でなければよく成し得ぬものと言えよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:46コメント(0)トラックバック(0)シューベルト  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ