2015年05月31日

チェリビダッケ&ミュンヘン・フィルのベートーヴェン:交響曲第4番、第5番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤に収められたチェリビダッケ&ミュンヘン・フィルによるベートーヴェンの交響曲第5番は、ちょっと信じがたい演奏である。

特に第1、4楽章は、比較できるどころか、足下に及ぶものすらないユニークさだ。

もしこれを聴くのなら、フルトヴェングラーやクレンペラーや、さまざまな指揮者たちの仕事を聴いたあとのほうがよい。

なぜなら、最初にこれを聴いてしまうと、おそらくほかのものが受け付けられなくなるからだ。

それだけの強烈な魅力というか、毒があるというか、耳に残留してしまう演奏なのである。

交響曲第5番は、有名なダダダダーンという4つの音で開始されるが、ベートーヴェンはこの4つの音を第1楽章だけでなく、以後の楽章でも用いた。

たとえるなら、事件が起きるときには必ず裏で糸を引いている秘密結社があるとするなら、この秘密結社に相当するのがこの4つの音なのだ。

チェリビダッケが行ったのは、この秘密結社が曲の中でどうあちこちにばらまかれ、隠され、ひそかに活躍しているかを明らかにするという徹底的な調査であり検証であり、もしかすると(筆者は「きっと」だと思うが)摘発だったのである。

この演奏で聴くと、今まで気づかなかったが、曲のあちこちに4つの音が配置されていることがわかる。

4つの音が有機的に絡み合い、そして残りの楽章全体を支配していることが如実に表されている。

第1楽章は、普通音楽を聴く者が求める感動だとか興奮だとか高揚というものからは遠い。

チェリビダッケは、人を興奮させる演説がどのように書かれているか、どのような仕組みでできているのかを指摘しているのだ。

過激なまでの分析である。

4つの音だけでなく、普通の演奏では背景に埋もれ寝ころんでいたもろもろの音が立ち上がって、聴き手のほうに接近してくるのだ。

その様子は初めて聴くとき、薄気味悪ささえするだろう。

そして、ここまで暴露され、裸にされてしまうと、曲がまるで恥ずかしがっているように聞こえなくもない。

そして、それを聴く者の心中にも何か恥ずかしめいたもの、いたたまれなさが生じてくる。

たとえば、私がある女の子を口説きたくて、精一杯工夫したラブレターを書いたとする。

第三者がそれを読んで、「あ、おまえ、感激させるために、ここはこう書いただろう」と手口をいちいち指摘するようなものだ。

恥ずかしいに決まっている。

チェリビダッケがベートーヴェンを指揮すると、意識的か無意識的か、この第5番のように曲から距離を置き、醒めた演奏になるのが常だった。

だからベートーヴェンの作品に感激したい人、酔いたい人にはまったく向かない。

第4番も、ベートーヴェンの交響曲の構築性を明確に示すチェリビダッケの最晩年の名演で、指揮者の理念が徹底的に染み込んだ{どこまでも深い}演奏だ。

ライヴでこの水準、いやライヴだからこその水準と言い直すべきだろう。

オケがチェリビダッケの意を汲み、献身的に寄り添っているのも特筆すべきだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:38コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | チェリビダッケ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ