2015年08月02日

ポリーニ&ティーレマンのブラームス:ピアノ協奏曲第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ポリーニ&ティーレマンのブラームス第2弾で、ポリーニによる3度目のブラームスのピアノ協奏曲第2番の登場だ。

ポリーニは完全主義者として知られているだけに、レコーディングには慎重を期して臨むのが常であるが、そのようなポリーニが同じ曲を3度も録音するというのは異例のことであり、これはポリーニが同曲にいかに深い愛着を有しているのかの証左であると言えるだろう。

最初の録音は、アバド&ウィーン・フィルとともに行ったスタジオ録音(1976年)であり、ポリーニとアバドの激しいぶつかり合いが眼前に浮かぶほどの熱のこもった迫力ある演奏を展開していた。

これに対して2度目の録音は、アバド&ベルリン・フィルとともに行ったライヴ録音(1995年)であり、これはポリーニの個性が全面的に発揮された演奏と言えるところだ。

アバドは、協奏曲の録音を行う際にはソリストの演奏を下支えする役割に徹するのが常であり、そうしたアバド、そしてベルリン・フィルという望み得る当時最高の豪華コンビをバックとして、ポリーニがその個性と実力を十二分に発揮した演奏を展開していると言えるだろう。

もっとも、アバド&ベルリン・フィルによる演奏が無色透明であるだけに、当時のポリーニのピアノ演奏の欠点でもあるいささか無機的な技術偏重ぶりがあらわになっていると言えるところであり、同曲の味わい深さが必ずしも的確に表現し得ていないとも思われるところである。

したがって、一部には高く評価されている当該演奏ではあるが、筆者としてはあまり評価をしていないところだ。

そして、本盤に収められた演奏は、2度目の演奏から18年を経た後のものであるが、これは素晴らしい名演と評価したい。

そもそもポリーニのピアノ演奏が、1995年盤とは段違いの素晴らしさであると言えよう。

1995年盤に顕著であった技巧臭さえ感じさせる無機的な演奏など薬にしたくもなく、もちろん超絶的な技量は健在ではあるが、どこをとっても懐の深い豊かな情感が満ち溢れているのが素晴らしい。

これは、ポリーニの円熟によることは間違いがないところであり、ポリーニが演奏の技術的な正確さ、緻密さを追求するのではなく、このような情感豊かな演奏を行うようになったことに深い感慨を覚えるところだ。

このような演奏を聴いていると、ポリーニこそは名実ともに現代を代表する偉大なピアニストの1人であることを痛感せざるを得ない。

ポリーニとしては3度目の同曲の演奏ということになるが、3度目の正直との諺のとおり、漸く自他ともに満足できる名演を成し遂げることが出来たと言えるだろう。

かかる偉大なポリーニのピアノ演奏を下支えするティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデンについては、このコンビならばもう少しハイレベルの演奏を望みたい気もしないでもないところだ。

同曲は、ピアノ伴奏つき交響曲との異名をとるだけに、同曲の分厚いオーケストレーションを活かしたより重厚かつ雄渾なスケールの演奏を望みたいと思った聴き手は筆者だけではあるまい。

ティーレマンは、将来を嘱望されている期待の独墺系の指揮者だけに、今後の更なる研鑽を大いに望んでおきたいと考える。

音質は、2013年のライヴ録音であるが、SHM−CD化によっても、特にオーケストラの音が必ずしも鮮明とは言えず、ポリーニのピアノタッチは比較的鮮明に再現されているだけに、実に惜しい気がする。

いずれにしても、本盤全体の評価としては、ポリーニの素晴らしい円熟のピアノ演奏とティーレマンの今後の更なる成長に期待して、本盤を推薦との評価をするのにいささかの躊躇をするものではない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:51コメント(0)トラックバック(0)ポリーニ | ティーレマン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ