2015年08月14日

リヒテルのベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第27番、第28番、第29番『ハンマークラヴィーア』[SACD]


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



リヒテルのプラハにおけるライヴからのベートーヴェンの作品集の第1巻にあたる。

ただし順不同で刊行しているために、既に第3巻の『ディアベッリ変奏曲』がリリースされていて、このCDにやや遅れて第2巻も出された。

今回はいずれも後期のソナタで、第27番ホ短調Op.90が1965年、第28番イ長調Op.101が86年、そして最後に置かれた第29番変ロ長調Op.106『ハンマークラヴィーア』が75年のそれぞれのライヴから録音されている。

これらは生前リヒテル自身からリリースの承認を受けたそれほど多くない音源で、このシリーズのベートーヴェン以外の曲目も含めて総てDSDリマスタリングを施したSACD盤のリミテッド・エディションになる

このCDを聴いての第一印象は、先ず音質の瑞々しいことだ。

ピアノの音色に特有の透明感と光沢が備わっていて、一昔前のリヒテルのライヴのイメージを完全に払拭してくれたことを評価したい。

ライヴでその本領を発揮したリヒテルを聴くためには欠かせないコレクションのひとつになるだろう。

一流どころのピアニストの中でもリヒテルは、同じ曲目を弾いてもコンサートごとに曲の解釈が大きく変化する可能性を持った人だった。

それは彼が自分のレパートリーに対して、決して固定的な観念を抱いていた訳ではなく、その都度リフレッシュさせて常に装い新たな形で演奏に臨んでいたためだと思われるが、このあたりにも彼の音楽的に柔軟な創造性が感じられる。

例えば第27番の冒頭のテンポを落とした武骨な開始は、第2楽章の慈しむような美しいカンタービレを心憎いほど活かしている。

しかしこの曲集の中での白眉は第29番『ハンマークラヴィーア』だ。

この稀有な構想を持った作品を前にして、彼は虚心坦懐に臨んでおり、それは一途でひたむきな情熱が天翔るような演奏だ。

クライマックスは第1楽章から丹念に準備され、終楽章の迸り出るような二重フーガに見事に結実している。

その壮大な旅のような音楽は、リヒテルがベートーヴェンの楽譜から読み取ったメッセージであるに違いない。

ライナー・ノーツは英、仏の2ヶ国語で11ページほどの簡易なものだが、録音データに関しては他のリヒテルのライヴ音源と違って充分信頼できるものだ。

このシリーズではこれから新音源が発見されることは期待できないが、リニューアルの形でこれまでに都合9枚がリリースされていて、今後他の曲のSACD化も期待される。

勿論SACD用のプレーヤーで鑑賞するのが理想的だが、ハイブリッド仕様なので互換機がなくても再生可能。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:51コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | リヒテル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ