2015年09月06日

ファリャの歴史的名演集[SACD]


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ケースの裏面にステレオ・ライヴ・アナログ・ブロードキャスト・マスターテープからのDSDマスタリングという表示がある。

いずれも保存状態の極めて良好なオリジナル・オープンリール磁気テープから制作されたSACDで『スペインの庭の夜』が1960年、『はかなき人生』及び『三角帽子』が1961年の録音と記されている。

このディスクもSACD化の成功例と言える分離状態の良い音像とホールの奥行きを感じさせる立体感や低音から高音までのむらのない鮮明な音質で、マヌエル・デ・ファリャの3曲の歴史的名演が蘇っている。

1曲目の『スペインの庭の夜』は愛国心を煽るような熱狂的な作風ではなく、むしろスペイン風の趣味を織り込んだファンタジーに昇華された独奏ピアノと管弦楽のための魅力的な作品で、ドビュッシーの同様の楽器編成による『ファンタジー』に共通するものがある。

ハスキルのレパートリーの中では異色ながら、マルケヴィチの好サポートと相俟ってLP時代から名盤の誉れ高いもの。

指揮者イーゴリ・マルケヴィチはウクライナ生まれだがパリで教育を受け、その後も主としてラテン系のオーケストラで研鑽を積んだ経歴を持っているだけあって、ファリャにおいても決して他人行儀ではない洗練された音楽性と鋭敏な感性を手兵コンセール・ラムルーに託した演奏に高い価値がある。

またソロ・パートを弾くクララ・ハスキルにはラテン的な感受性と共に神々しいような神秘的な表現が共存していて、この曲でもパワーではなく、特有のカリスマ性を発揮して聴き手を惹きつけてしまう。

同曲のピアノ・パートは難技巧と、ギターなどスペイン音楽のイディオムが盛り込まれているため、弾き手を選ぶ音楽と言えるが、ハスキルは死の直前の演奏ながらタッチは力強く明快で、大編成のオーケストラと真っ向から張りあっている。

ハスキルのピアノは、通常この作品で演じられる濃厚な官能性はなく、端正かつ清明で、まるでモーツァルトのようだが、意外なスペイン気質も感じさせ感動的。

マルケヴィチの充実ぶりも素晴らしく、複雑なオーケストレーションを見事に統率、熱き血のたぎる盛り上がりを見せている。

テープに起因するヒスノイズは感じらるものの、SACD化により各楽器の解像度が格段に向上してぐっと接近し、物凄いエネルギーまで放つようになったのが驚きだ。

一方オペラ『はかなき人生』からの「間奏曲」及び「スパニッシュ・ダンス」とバレエ音楽『三角帽子』はエルネスト・アンセルメ指揮、スイス・ロマンド管弦楽団の演奏で、アンセルメの民族主義的な曲想の輪郭を際立たせる手腕が冴え渡った秀演。

こちらもLP時代からの名盤で、いにしえのデッカ特有のマイク多用の効果がSACD化でますます発揮され、スコアが見えるほど各楽器が際立っているが、少しも人工的でなく、意外にアンセルメがエネルギーあふれる情熱的演奏をしていたことを証明している。

彼が舞踏場面の緊張感を高める時に、テンポを落としてかえって熱狂的なシーンの演出に成功しているのには驚かされる。

『三角帽子』はバレエ・リュスを率いていたディアギレフの委嘱作品で、指揮はアンセルメ自身が初演し、衣装デザインにはパブロ・ピカソが起用された意欲作だっただけに、初演時の意気込みが伝わってくるような情熱的な演奏だ。

ここでは若かったテレサ・ベルガンサの鮮烈な歌声も聴きどころだが、オーケストラにこれだけ幅広い表現力が引き出せるのかと思えるほど、多彩でスペクタクルな響きを楽しませてくれる。

後半の2曲はスペインの民族色を色濃く反映させた作品だが、その演奏に関してはスペインには名門オーケストラが育たなかったためか、その後ファリャがフランス系のオーケストラの独壇場のレパートリーになっていったのも皮肉な結果だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:50コメント(0)トラックバック(0)アンセルメ | ハスキル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ