2015年10月26日

クラウスのワーグナー:楽劇「ニーベルングの指環」(1953年バイロイト・ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1953年のバイロイト祝祭に於けるライヴ録音で、2010年にオルフェオからリリースされた時は値段が高かったのだが、このドキュメンツ盤は半額以下になり、どの程度の音質を再現できているか聴いてみたくなった。

勿論歌詞対訳などは望むべくもないことは承知の上だが、音質に関しては特に歌手達の声がほぼ満足できる状態に再現されていて、劇場の潤沢な残響も声楽に潤いを与えている。

ドキュメンツは版権の切れた過去の名演奏を低コストで提供することに主眼を置いていてリマスタリングには無頓着だが、このセットは正規音源を使ったものらしくモノラルながら鑑賞に全く不都合はない。

あえて弱点を挙げるとすればオーケストラにセッション録音のような迫力と細部の精緻さにやや欠けるところだが、これはバイロイトという特殊なオーケストラ・ピットを構えている劇場のライヴでは止むを得ないし、当時の録音方法と技術を考えれば決して悪いとは言えない。

このライヴの魅力はウィーンの名匠クレメンス・クラウスが亡くなる一年前に遺した、結果的に彼のワーグナーへの総決算的な上演になっていることで、本来クナッパーツブッシュが予定されていたにも拘らず、ヴィーラント・ワーグナーの、舞台セットよりも照明効果を重視する演出との衝突から、クラウスに白羽の矢が立ったという経緯があるようだ。

皮肉にもクラウスの死によりクナがバイロイトに復帰することになるのだが、この時の上演の出来栄えは素晴らしく、クナとは全く異なったアプローチによる、精妙な中にもダイナミズムを湛えたリリカルな仕上がりになっている。

クナほどスケールは大きくないかもしれないが、ワーグナーの楽劇として明快にしっかりとまとめられていて、長時間の作品であることを忘れさせてしまう。

クラウスの音楽を完璧に支えているのが当時全盛期にあった歌手陣で、彼らの輝かしい声によって活性化された若々しい表現が、オール・スター・キャストの名に恥じない舞台を創り上げている。

ちなみに主役級の4人は1956年にクナとのライヴでも再び顔を合わせていて、全曲盤がやはりオルフェオからリリースされている。

稀代のヴォータン歌いホッターは44歳だったが、この役柄では殆んど完成の域に達していたと思えるほど、その歌唱には説得力がある。

歌手にとっても4晩の長丁場を歌い切るには相応の体力と精神力が求められる筈だが、この時期のホッターの声による演技力にその充実ぶりが示されている。

一方ジークフリート役のヴィントガッセンにはいくらか大時代的な歌唱法が残っているとしても、強靭で伸びのある声を無理なく活かした雄大な表現はヘルデン・テノールの面目躍如たるものがある。

ヴィントガッセンも大歌手時代の最後の1人だった。

女声陣もすこぶる強力なキャスティングだが、中でもフラグスタート引退後のブリュンヒルデ歌いヴァルナイ若き日の名唱が光っている。

ニルソンの怜悧で精緻な表現に比べれば、ヴァルナイの声は暗めでより官能的な趣があり、「ブリュンヒルデの自己犠牲」での深みのあるシーンは彼女最良の舞台のひとつだったのではないだろうか。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:13コメント(0)トラックバック(0)ワーグナー | クラウス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ