2015年12月12日

準・メルクル&国立リヨン管のドビュッシー:オーケストラル・ワーク集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ドビュッシー生誕150周年記念としてリリースされているセット物の中でも、このナクソス盤は彼のオーケストラル・ワークのみに絞った9枚組で、セットの特徴はドビュッシーの管弦楽のための作品のコンプリートであること、前奏曲集をはじめとするピアノ曲集にオーケストレーションを施した編曲版が総て含まれていること、更に演奏者が準・メルクル指揮、国立リヨン管弦楽団で統一されているところにある。

こうしたオリジナリティーに富んだ企画はそれほど多くなく、従来の歴史的名演の廉価盤化によるリイシューに複雑な思いのオールド・ファンには一味違った新鮮な魅力があるし、総て2007年から2011年にかけての新しい録音なので、入門者の手頃なドビュッシー体験盤としてもお勧めしたい。

日系ドイツ人指揮者、準メルクルはチェリビダッケの弟子だけにオーケストラの楽器間のバランスのとり方が巧みで、むやみに走らない落ち着いたテンポ設定も特徴的だ。

特にこの作品集ではその透明に醸し出される響きと、感性豊かで美しい叙情的表現も聴き所のひとつだ。

第1曲目に収められた『牧神の午後への前奏曲』での、夢と現実の間を彷徨うような白昼夢的な雰囲気も彼独自の手法だ。

また編曲物では本来ピアノ用の『喜びの島』が、この曲の超現実的空間を見事に表現していて驚かされる。

国立リヨン管弦楽団は、団員の技量から言えばまだこれから伸びる可能性を持っているオーケストラだが、繊細な感受性と優れた機動力を発揮していて秀逸。

ドビュッシーはラヴェルほど自分のピアノ曲をオーケストラ用に編曲する作業に熱心ではなかったが、これらのピアノ曲が持っているオーケストレーションへの可能性は非常に高く、実際このセットのCDで聴いてみると、ミックスされた楽器の響きだけでなく、印象派特有の移り変わる色彩感や豊かな幻想性などを、より具体的に感知できるところに面白みがある。

管弦楽へのアレンジはラヴェルのほかドビュッシーの友人だったアンドレ・カプレや、現代の作曲家コリン・マシューズなどの手になる物で、それぞれ鮮やかな手並みで原曲の特徴を捉えているだけでなく、こうした編曲への必然性も納得できるものだ。

ボックスの大きさは13X13X5cmでCD9枚を収納するには大きめだが、縦型のしっかりした装丁で、ふたの部分も印籠のように縦に取り外すオリジナリティーにこだわったデザイン。

ライナー・ノーツは英、仏語で100ページあり、それぞれのCDごとの解説もかなり充実している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:34コメント(0)トラックバック(0)ドビュッシー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ