2016年10月25日

フランス・ブリュッヘン・エディション


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



2014年8月に亡くなったフランス・ブリュッヘンのテレフンケンレーベル時代の集成である。

発売から大分経過しているが、ブリュッヘンの天才に魅了され大きな影響を受けた筆者としては遅ればせながら追悼の意味で書きたい。

ブリュッヘンは旧テレフンケンの古楽レーベル、ダス・アルテ・ヴェルクにCD12枚分の音源を残している。

ブリュッヘンは1934年生まれだから、これらのセッションは28歳の時に始まり、その後1979年まで17年間続けられた。

当時古楽復興の黎明期にあってリコーダーという、まだその芸術性が確立されていなかった楽器のために、これだけ高いレベルの演奏と量を誇ったシリーズは皆無だった。

ブリュッヘンのリコーダーを支えた通奏低音奏者は幸運にも若き日のグスタフ・レオンハルト、アンナー・ビルスマ、ニコラウス・アーノンクールなどで、その後の彼らの仕事とその功績から言っても、現在ではとても考えられない豪華メンバーだし、アンサンブルとしても万全だったと思う。

やや遅れてブリュッヘンはその新境地をセオン・レーベルから再び一連の笛のための音楽としてリリースすることになるが、こちらも時を同じくしてソニー・ヴィヴァルテから10枚組で復活している。

このセットは当時のブリュッヘンのリコーダー音楽への情熱の結晶であり、それまでの古楽の概念を覆すような彼の斬新かつ鮮烈な奏法と、カリスマ的パフォーマンスで聴く者を魅了する演奏が特徴である。

この時代のブリュッヘンを知っているリコーダー・ファンであれば、懐かしさも手伝ってあの時の感慨が蘇るだろうし、古楽のパイオニアの模範的演奏として入門者にもお薦めできる。

ダス・アルテ・ヴェルクは当時から新進気鋭の演奏家を起用して、演奏内容は勿論、音質の良さとその臨場感で古楽ファンの注目するレーベルだった。

彼らの先見の明によって現在のような古楽鑑賞がごく当たり前に普及し、またその先駆をなした業績は無視できない。

しかし単独で出ていた時には価格も決して安くはなかった。

筆者自身LPで集めたものと、CDになってから買ったものとで半分くらいは持っていたが、最近の箱物ラッシュでご多分に漏れず廉価盤化されたので結局購入することになった。

ライナー・ノーツは71ページほどだが、後半約10ページにブリュッヘンの略歴が英、仏、独語で掲載されている。

残りの部分は曲目と使用楽器の明細で、この曲集総てに亘って彼らの使用楽器とその所蔵が明記されている。

それらは錚々たる名器ばかりで驚かされるが、またこうしたところにも彼のオリジナル嗜好のこだわりが良く表れている。

録音はいくらか古い音源でごく一部にノイズが聞かれるが、概ね良好で満足のいくものだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:43コメント(0)トラックバック(0)ブリュッヘン  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ