2017年01月14日

マルティノンのドビュッシー&ラヴェル:管弦楽作品集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジャン・マルティノンは晩年自国のフランス音楽の録音に精力的に取り組んだ。

中でも最も評価の高いものがこの8枚のCDに収められたドビュッシーとラヴェルのオーケストラル・ワーク集である。

EMIクラシック・バジェット・シリーズのひとつで、一応今回も限定盤になっているが、既に2002年にリリースされたものと全く同一内容の約10年ぶりのリニューアル盤になる。

またこのうち1974年に録音された4枚のドビュッシーはオランダ・ブリリアントからもライセンス・リイシュー盤としても出ているし、日本盤としては独自のリマスタリング盤やSACD仕様もあり、カスタマーの選択にもバラエティーに富んだ名盤だ。

一方1975年の録音になる4枚のラヴェルのうち、チッコリーニのソロによる『ピアノ協奏曲ト長調』及び『左手のための協奏曲』と、パールマンをソロ・ヴァイオリンに迎えた『ツィガーヌ』の3曲を除いた3枚はEMIから別途にリリースされている。

ドビュッシーとラヴェルの音楽はマルティノンより5歳ほど年上のクリュイタンスの演奏を聴き逃すわけにはいかないが、残念ながら全盛期に亡くなったクリュイタンスはラヴェルはともかくとして、ドビュッシーの作品の録音はごく僅かしか残さなかった。

それに反してマルティノンはこの2人の作曲家を充分に堪能させてくれるだけの質と量のセッションを積極的にこなした。

フランス国立放送管弦楽団とパリ管弦楽団のふたつのオーケストラも巧みに統制されていて、パリ音楽院管弦楽団のようなスタンド・プレー的な面白みは影を潜めたが、どちらもフランスのオーケストラのお家芸である柔軟で陰影に富んだ暖かい音色と機動力も備えた、現在では殆んど求められなくなってしまった独自の持ち味を残している。

この時期のマルティノンのフランス音楽に対する情熱は、幸いサン=サーンスの交響曲全集を始めとしてベルリオーズ、デュカス、イベール、オネゲルなどのオーケストラル・ワークの録音という形で実を結んだ。

録音時のバランス・エンジニアは殆んどポール・ヴァヴァシュールが担当していて、それが如何にもフランス趣味を象徴していて興味深い。

筆者はつい最近までこの録音方法はEMIの技術陣と録音機器の欠点のように思っていたが、フランスものに関しては考えを変えざるを得なくなった。

特にドビュッシーの音楽ではこうしたオフ・マイクで得られる独特の空間と、透明に醸し出され混交される色彩感にヴァヴァシュールのポリシーが体現されているように思えるからだ。

尚11ページほどのライナー・ノーツにはマルティノンのキャリアが英、独、仏語で掲載されているが、曲目と録音に関するデータはそれぞれの紙ジャケットとボックスの裏面のみに印刷されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:29コメント(0)トラックバック(0)マルティノン  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ