2017年01月28日

フルニエ/コンプリート・レコーディング集(ユニヴァーサル音源)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ピエール・フルニエ(1906−86)は、『チェロのプリンス』のニックネームで呼ばれ、それは晩年になるまで変わることはなかった。

磨き抜かれたような美しい音色、ノーブルな語り口などが、そう呼ばれるようになった原因なのだろう。

独奏者としても、室内楽奏者としても、彼のチェロはある種の趣味の良さのようなものを失うことがなかった。

残された数多くのレコードや、1954年の初来日以来の度々の公演などによって、彼のチェロに魅了されるファンの数は、今でも少なくない。

フルニエのチェロには冒し難いような高潔な気品と凛々しさが備わっていて、その颯爽とした潔いボウイングに託されたロマンティシズムはまさにチェロの貴公子として一世を風靡した独自の奏法を開拓していたと言えるだろう。

この25枚には協奏曲及び管弦楽作品だけでなく、ユニヴァーサル傘下の音源になるソナタやアンコール用ピース、アンサンブル、無伴奏曲などのジャンルも総て含めた網羅的なコンプリート・レコーディング集になっている。

フランスには彼とほぼ同時代にナヴァラ、トルトゥリエ、ジャンドロンなどの名チェリストが犇いていたし、現在でもカピュソンやモローなど優れたチェリストを絶やさない国だが、それは彼らが常に高度に洗練された音楽性とテクニックを受け継ぐことができる土壌と、奏者の育成を怠らない芸術的な伝統があるからだろう。

尚60ページのブックレットにはユルゲン・オストマンの『チェロのプリンス』と題されたエッセイと全トラック・リスト及び作曲家別CD検索用の索引が掲載されている。

バッハの無伴奏チェロ組曲はトルトゥリエやシュタルケルのそれと共にカザルスのイメージを刷新することができた最初のサンプルだ。

彼ら3人の演奏スタイルは全く異なっているが、フルニエの勇壮な男気を感じさせるダイナミズムに富んだ歌い口やスタイリッシュなカンタービレは洗練の極みとも言える高い完成度を示していて、彼がこの作品の可能性を追究したオリジナリティーに溢れるアプローチが聴きどころだろう。

一方アンサンブルで絶賛したい演奏がCD7−10のベートーヴェンのピアノ三重奏曲全11曲で、1997年にドイツ・グラモフォンからベートーヴェン・エディションが刊行された時に第9巻に収録されていたが、その後廃盤になって久しかった音源だ。

ケンプのピアノが扇の要になってシェリングとフルニエが抑制を効かせながらお互いに最大限の敬意を払ってあわせるトリオは、その品格の高さと共に古典的な均整のとれた高踏的な美しさを持っている。

またクラリネットが加わる第4番『街の歌』では、当時ベルリン・フィルの首席奏者だったカール・ライスターがシェリングに替わってソロを受け持っていて、古典派の様式を整然と遵守しながらも、それでいて快活な室内楽に仕上がっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:42コメント(0)トラックバック(0)フルニエ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ