2017年03月16日

ルガンスキー、プレヴィンによるラフマニノフ・アルバム8枚


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



最近のニコライ・ルガンスキーはそれまでの正確無比なヴィルトゥオーゾ・ピアニストとしてのプロフィールから脱皮して、古典的な作品もじっくり聴かせるような音楽的成長を遂げている。

それが前回のシューベルト・アルバムに着実に示されていたが、このセットの前半4枚に収録されたピアノ協奏曲全4曲とオーケストラ付ピアノ作品及びピアノ・ソロでは彼のロシア的抒情と若い頃の典型的なテクニックが発揮された華麗なピアニズムを堪能できる。

ラフマニノフは言ってみれば時代に取り残されたロマン派の残照のような存在で、彼の拭い切れない憂愁を爛熟したロマンティシズムが引き摺るように覆っている。

その作品の演奏には洗練された超絶技巧が欠かせないが、勿論メカニックな技巧だけではその深い情緒を表現することはできない。

ルガンスキーの高踏的なカンタービレとバランスのとれた精緻な表現力は伝統的なロシア派のピアニズムを継承するピアニストだけに秀逸だ。

オーケストラ付の作品はサカリ・オラモ指揮、バーミンガム交響楽団との協演になる。

後半の4枚でルガンスキーが参加しているのはCD5のチェロ・ソナタト短調及び『ヴォカリーズ』のウォルフィッシュによるチェロ編曲版のそれぞれピアノ・パートで、伴奏者としての腕も披露している。

それ以外の3曲の交響曲、合唱交響曲『鐘』、オーケストラ版『ヴォカリーズ』、交響詩『死の島』、歌劇『 アレコ』の間奏曲及びシンフォニック・ダンスはアンドレ・プレヴィン指揮、ロンドン交響楽団、同合唱団の演奏になる。

プレヴィン自身やはりロシア系であることからラフマニノフには特別の敬意と情熱があったと思われる。

ラフマニノフのオーケストラル・ワークにはソナタ形式、変奏、フーガ、エスニカルなリズムやメロディーなど多様なエレメントが同居しているが、プレヴィンは幻想的な物語性の表出に優れた手腕を発揮している。

交響曲第2番では習慣的なカット部分を復活させてオリジナル版全曲演奏を定着させたのもプレヴィンの功績だ。

彼はロンドン交響楽団の音楽監督を務めただけでなく1992年からは桂冠指揮者に列せられていて、自在に従うオーケストラとの相性の良さも聴きどころだ。

ただし後半3枚の音質では、この時期のEMIの録音のバランスの悪さが弱点になっている。

19ページのライナー・ノーツには演奏曲目の他にユグ・ムソーによる『失われた楽園への追想』と題されたラフマニノフの作品とその傾向に関する短いが書き下ろしのエッセイが掲載されているが、録音データは各ジャケット裏面にのみ掲載されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:13コメント(0)トラックバック(0)ラフマニノフ | プレヴィン 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ