2017年07月08日

キャスリーン・フェリアーの初出音源19曲を含む歌曲集アルバム


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



英国のコントラルト、キャスリーン・フェリアーの正規音源は、セッション、ライヴを問わずデッカからのボックス・セット14枚及びEMIからの3枚で出尽くした感があったが、小規模な歌曲に関してはまだメディア化されていない録音が多数存在するようで、このCDでは実に19曲の初出音源が収録されている。

いずれもフェリアーが母国BBC放送とブリティッシュ・ライブラリーに遺したもので、41歳の若さで早世した彼女の貴重な忘れ形見といったところだろう。

フェリアーが演奏活動に専念するためにロンドンに赴いたのが1942年だから、彼女のプロとしてのキャリアは僅か10年余りで、この間にレパートリーこそ多くはないが、信じられないくらい質の高い仕事を成し遂げていて、その一端を垣間見ることのできるアルバムとして高く評価したい。

ライナー・ノーツの最後に書かれたテクニカル・ノートには、このディスクに使われた音源がBBC放送からのエアチェック及びダイレクト・カットされたアセテート盤であることが説明されている。

前者の場合1954年のVHF/FMブロードキャスティングの導入までは不安定な受信しかできなかったし、後者は再生時のスクラッチ・ノイズが避けられない。

このCDのマスター制作にはこうした欠点を最新のテクノロジーでリストレーションしリマスタリングを担当したエンジニア、テッド・ケンダル氏の苦心が窺える。

フェリアーはステレオ録音が一般化する直前の1953年に亡くなっているので、遺された音源は残念ながら総てがモノラルで、曲によって音質もいくらかばらつきがあるが、リマスタリングの効果は上々で、伴奏ピアノとのバランスも比較的良好に保たれ、ノイズに煩わされない輪郭のはっきりした彼女の声質が再現されている。

フェリアーの声には華やかさはなく、むしろ暗めの低い声質だったためにオペラのような劇場作品で活躍するような役柄自体ごく限られたものだったが、彼女には天性の並外れた表現力があって、飾り気のない素朴な声に託された歌曲には、お国物だけでなくドイツ・リートのジャンルでも傑出した歌唱を聴くことができる。

それには彼女の持ち前の才能に加えて早くからブリテンやバルビローリ、ワルターなどの巨匠の薫陶を受け、急速にその芸術を洗練させて解釈に一層の深みを加えることができたことも幸いしているだろう。

外側にアピールしない低い声がしばしばその表現を内面に向かわせるのはある意味では当然のことかもしれないが、フェリアーの歌唱には直感的でありながら類稀な奥深さが感じられる。

ここでの伴奏者も同郷のジェラルド・ムーア、指揮者ブルーノ・ワルター及びフレデリック・ストーンのベテランがサポートしている。

ちなみに伴奏者はトラック8−11がブルーノ・ワルター、26がジェラルド・ムーアでそれ以外の総てがフレデリック・ストーンになり、最後に収録されたムーアとのヒューバート・パリーの『Love is a Bable』 だけが1948年8月26日のエジンバラ・ライヴで拍手が入っている。

この作品では英国的スピリットが2人によって鮮やかに示されたCDの最後を飾るのに相応しい選曲だ。

尚ライナー・ノーツ後半にはこのCDに収録された歌曲の全歌詞が掲載されていて、ドイツ・リートに関しては英語の対訳が付けられた丁寧な編集に好感が持てる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:26コメント(0)フェリアー  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ