2017年12月09日

スクリベンダムからの『コンヴィチュニーの芸術』ステレオ13枚+モノラル7枚の統合版


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



コンヴィチュニーの演奏集でボックス化されたものには、ベルリン・クラシックス系エーデル・レーベルからの『フランツ・コンヴィチュニーの芸術』全2巻計22枚がある。

第1集は既にプレミアム価格で販売されているので、新規に購入されたい方には今回のスクリベンダム盤をお薦めしたい。

過去にリリースされたステレオ盤13枚とモノラル盤7枚を纏めたコレクター向けのリイシューになり、例によってライナー・ノーツを割愛した完全節約版になる。

彼の代表的なベートーヴェン、シューマンの交響曲全曲ステレオ録音やブルックナーの3曲の交響曲などオペラを除いたオーケストラル・ワークが網羅されたリマスター盤なので、コストパフォーマンス的にもかなりリーズナブルなセットと言えるだろう。

少なくとも1959年からは旧東独ドイツ・シャルプラッテンでもステレオ録音が開始されたようで、このセットでも59年のショスタコーヴィチだけはモノラルだが同年のベートーヴェンは幸い総てステレオ録音だ。

ちなみにここに組み込まれなかったブルックナーの第7番は、前述のエーデルからの第2巻に擬似ステレオ盤で加わっている。

このセットにはグローバル化の進んだ現在では聴けなくなってしまった旧東ドイツの質実剛健なサウンドの記録が残されている。

コンヴィチュニー円熟期の演奏活動の本拠地はまさに東側のオーケストラ(ゲヴァントハウスやシュターツカペレ・ドレスデン)で、ベルリン・フィルやウィーン・フィルのような洗練されたスター・プレイヤーの音色やテクニックを駆使したパフォーマンスとは一線を画した、簡素だがそれだけにダイレクトでしかも柔軟な力強さが随所に漲っている。

アンサンブルもコンヴィチュニーによって非常に良く統制され、骨太で堅牢な音楽が作り上げられている。

特に作品の構造やオーケストレーションの醍醐味が問われるドイツ物は彼らの最も得意とするレパートリーであった。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:50コメント(0)コンヴィチュニー  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ