2018年01月14日

ギーゼキングのドビュッシー、時代を超越したパフォーマンス


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ギーゼキングの演奏では未だに高い評価とその音楽的価値を失っていないドビュッシーのピアノ作品集の廉価盤化を歓迎したい。

このセットの総てが1951年から55年にかけてのEMIへのモノラル録音だが、その類い稀な解釈から醸し出されるインプレッショニズムの世界は現代の私達をも驚かせずにはおかない限りない幻想的な魅力を持っている。

それはギーゼキングが時代の趣味に囚われない音楽の本質を見極めることができた数少ないピアニストだったことを証明していて、そのことは殆んど同時にドイツ・グラモフォンからリリースされたバッハの演奏集においても明らかだ。

演奏家のスタイリッシュなパフォーマンスが大きく反映されていた時代に、ピリオドもスタイルも全く異なったタイプの作曲家の作品の本質を捉え、独自の奏法を開拓した才能は並外れたものだったと言うべきだろう。

ここにはギーゼキングがEMIにセッション録音した総てのドビュッシーの作品が体系的に収録されている。

彼の印象派の音楽への強い共感とその洗練されたピアニズムを感じさせずにはおかないが、その象徴的な作品集が2巻の前奏曲集だ。

作品の総てに標題が付けられているが、それら1曲1曲に示された多彩で個性豊かな表現力と行き届いたピアニスティックなコントロールは流石だ。

初めてギーゼキングの『帆』を聴いた時の言葉では言い表せない映像的な感覚は忘れ難いものだった。

『沈める寺』での誇張のない、それでいて深みのある幻想性と水中から大伽藍がその壮大な姿を覗かせるようなシュールレアリズム的な高揚感はこの作品ならではの体験だった。

一方で『ベルガマスク組曲』の色彩感溢れるリリシズムや『子供の領分』での機知に富んだ親しみのある表現は古い録音には違いないが、ドビュッシーのピアノ曲を鑑賞するための普遍的なサンプルとして入門者にもお薦めしたいセットだ。

以前SACDバージョンでリリースされた時のリマスタリング盤で、音質はマスター・テープの経年劣化が感じられる部分もあるが概して良好。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:53コメント(0)ドビュッシー | ギーゼキング 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ