2018年01月16日

正統派ピアニスト、ペライアのソニー時代のアルバム10枚


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



マレイ・ペライアが1973年から98年にかけてソニーに録音した10枚のアルバムを纏めたバジェット・ボックスになる。

熱心なペライア・ファンであれば同ソニーからの豪華な68枚のCDと5枚のDVDのコレクターズ・エディションを既にお持ちだろうが、こちらは様々な作曲家の作品の演奏を紹介したずっと手頃で簡易なセットとしてお薦めしたい。

その他にもモーツァルトのピアノ協奏曲全集やバッハ演奏集なども別途に廉価盤化されているし、彼はまたグラモフォン移籍後のショパンやバッハなどのアルバム制作で録音活動にも精力的に取り組んでいる。

個々に収録された曲集にはペライア若き日の典型的な正統派ピアニストとしての芸術が示されていて、颯爽としたパッセージや瑞々しい音色で奏でる細やかな変化に富んだ抒情の世界を堪能することができる。

彼は超絶技巧で圧倒するようなタイプではなく、またそうしたレパートリーは開拓していないが、その演奏にはあくまで音楽的表現に拘った彼の哲学が明瞭に反映されていて、聴く人の心を和まし豊かにしてくれる。

ペライアのタッチは美しい響きをもち、特に弱音で旋律を歌わせるときの余韻が実に清楚で、レガートの美しさを十分に生かし、滑らかなフレージングが細かな表情の変化を伴って豊かなニュアンスを生み出している。

解釈は極めてオーソドックスで少しの気負いもなく、こまやかな感情の動きを率直に表現しており、こうしたところにも彼の頭脳的プレーと筋の通ったポリシーを窺わせている。

またペライアの演奏は強烈な個性を放っているわけではないが、オーソドックスな解釈の中にもクリアーなタッチから引き出されるマイルドで美しい音色を一瞬たりとも失うことのない知的なコントロールが貫かれている。

それは決して小ぢんまりとした大人しい奏法ではなく、きめ細かな表情から全力を注ぎ込むスケールの大きな表現までが矛盾をきたさずに自然に統合される音楽設計も見事だ。

ペライアは1990年に指の故障による手術とその快復のために長期間に亘って演奏活動を中断しなければならなくなったが、それは彼自身のそれまでの音楽や奏法を見直す機会になった。

このセットでCD7からCD8まで5年間の空白があるのはそのためだ。

しかしその後に録音されたシューマンやバッハには一層の深みと味のある表現力が加わって、70際を迎えた現在、更にこれからの演奏活動にも期待したいピアニストの一人だ。

全収録曲を掲載した8ページほどのパンフレットが付いているがライナー・ノーツは省略されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:45コメント(0)ペライア  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ