2018年01月26日

フルトヴェングラー、ウィーン・フィルによる序曲集、プラガからのSACD盤


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



プラガ・ディジタルスからのフルトヴェングラーSACDハイブリッド・シリーズの1枚になるこの序曲集は、これまでにSACD化されたディスクの中では音源の保存状態に恵まれ、リマスタリングも良好で、オーケストラの音響に磨きがかかってある程度の臨場感も確保されている。

1950年代のウィーン・フィルのサウンドが比較的忠実に再現された成功例と言えるだろう。

ただしより古い録音の『ラコッツィ行進曲』と『フィンガルの洞窟』の2曲では総奏部分でテープの収容能力の限界のためか、あるいは経年劣化か定かではないが、音が平面状に潰れるように聞こえる現象も起きている。

また音場の拡がりからすると擬似ステレオ音源が使われている曲も多いが、幸い不自然さは感じられない。

以前のCD化の時に乾涸びたように聞こえた音質が、ここではより潤って高度な鑑賞にも充分堪え得る状態にグレード・アップされたことは評価できる。

フルトヴェングラーの序曲集の鑑賞は劇場感覚で捉える必要があるだろう。

メンデルスゾーンの『フィンガルの洞窟』を除いて他の総てがオペラを中心とする舞台作品のオープニングやその間奏曲としての機能を果たしているので勿論単独で聴いても興味深いが、その作品全体が上演される劇場空間の中で初めて本来の効果を発揮することを考慮しなければならない。

それ故個々に聴いていると、時としていくらかあざといと思われる表現が無きにしも非ずだが、フルトヴェングラーはその時その場にいた人を劇中に巧みに誘導する並外れた手腕を持っていた指揮者でもあるので、これも彼の音楽的ストラテジーと考えられる。

いずれもこの巨匠の芸格の高さがはっきり示された見事な演奏ばかりだが、ウェーバーとグルックの『アルチェステ』序曲の演奏が傑出している。

ことにドイツ的でロマンティックな美しさに溢れた『魔弾の射手』と『オベロン』は、それぞれの曲の持ち味を余すところなく表出した演出のうまさとその格調の高い表現に強く惹かれる。

また巧みな筆致で鮮やかに描き上げた『フィンガルの洞窟』、全曲盤から採った『レオノーレ』第3番もスケール雄大、『ロザムンデ』序曲はやや重苦しいが、いかにもフルトヴェングラーらしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:28コメント(0)フルトヴェングラー  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ