2018年03月06日

グリュミオー全盛期のモノラル・レコーディング集14枚


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



2015年に同じユニヴァーサル・イタリーからアルテュール・グリュミオーのモーツァルト作品集が19枚のバジェット・ボックスでリリースされたのは記憶に新しい。

今回は作曲家を問わずモノラル音源に限定した企画で、前回とのだぶりはバウムガルトナー、モラルトとのモーツァルトの6曲の協奏曲と、クララ・ハスキルとのヴァイオリン・ソナタ第40番及び第42番の計3枚になる。

当然ながらステレオ録音したハスキルとのヴァイオリン・ソナタ集のもう1枚はこのセットには組み込まれていない。

ロゴはデッカだが質の良いフィリップス音源はモノラル末期時の最良のオーディオ・テクニックで収録されていて、当時のエンジニアの手腕を示している。

全体的に広い周波数レンジが感知され、ソロ・ヴァイオリンの臨場感は勿論、背後のオーケストラの色彩感や伴奏ピアノの音色の潤いも巧みに捉えられている。

グリュミオー全盛期の潤沢で高貴な音色を駆使した颯爽としてスタイリッシュに冴え渡る奏法は、確かにハスキル亡き後には翳りが出て、この頃のような覇気も後退していくのは事実だ。

その意味でこの14枚には押しも押されもしなかったモノラル・レコーディング時代のグリュミオーの最も典型的な音楽性が集約されていて、このボックス・セットが充分に価値のある企画だということも納得できる。

ブリュッセル王立音楽院の教授であったグリュミオーは何よりも美音家として名を馳せたが、音楽として先ず完璧に美しく、耽美性を排した颯爽として高貴な風格を持った彼ならではのスタイルが記録されている。

確かに現代のヴァイオリニストの演奏に比べれば、協奏曲でのポルタメントを随所にかけたやや官能的でロマンティックな解釈は時として古臭さを感じないではない。

しかし洗練された甘美で豊潤な音色を武器に、スタイリッシュな奏法を駆使して一世を風靡した演奏は現在でもその輝きを失ってはいない。

30ページほどのライナー・ノーツには演奏曲目と録音データの他にアルベルト・カントゥによる英、伊語の興味深いグリュミオーのキャリアが掲載されているが、そこではフランコ=ベルギー派のボウイングのテクニックについても触れている。

ドゥ・ベリオ、ヴュータンやイザイなどによって洗練されたエレガントな奏法には、弦にかかる弓の圧力を抑制し、素早くしかも緊密なヴィブラートをかけるという秘訣があり、いわゆるクラシック・レパートリーに相応しいとされる。

しかしこれはガラミアンに代表されるようなニューヨークのジュリアードのスクールとは対極をなしているようだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:38コメント(0)グリュミオー  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ