2018年04月09日

お国物への馴れを退けたアンチェル、チェコ・フィルの結束力


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アンチェル、チェコ・フィルのドヴォルザークにはお国物への馴れや安易さというものが皆無で、全く新しい作品に取り組むような新鮮さと厳しさが常に感じられる。

それはアンチェルの手法だったスコアへの徹底した理知的な読み込みとそれを支える強い情熱が表れたものだろう。

それだけに交響曲第6番のフレッシュで明快な解釈と遮られることのない迸るような曲想の展開が心地良いが、全く硬直することなく指揮に呼応するチェコ・フィルのしなやかさと機動力も流石だ。

第3楽章スケルツォはチェコの民族舞踏フリアントだが、アンチェルは自然発生的な熱狂からではなく、あくまでも整然とした理論の裏付けを持った、しかし迫力にも不足しない力強い曲に仕上げている。

カップリングされた2曲の序曲『オセロ』及び『我が家』ではそれぞれが文学的なアプローチによって周到に表現されていて、本物のドヴォルザークを体験できる演奏集としてお薦めしたい。

カレル・アンチェルは1948年に亡命したラファエル・クーベリックの後を継いで1950年からチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任した。

その後1968年の彼自身の亡命に至るまでにコンサートのみならず精力的な録音活動を行って、スプラフォンに膨大な音源を遺している。

幸いそれらの殆んどが良好なステレオ録音で、本家からアンチェル・ゴールド・エディションとして都合42セット計48枚のCDでリリースされた。

その中からの選曲で独自のリマスタリングでリニューアルされた日本盤の1枚がこのディスクになる。

この交響曲第6番は1960年、2曲の序曲は1963年にプラハのルドルフィヌムで収録された音源だが、半世紀も前の録音とは思えないほど音質に恵まれている。

今後はSACD或いはブルーレイ・オーディオでの再発を期待したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:16コメント(0)ドヴォルザーク | アンチェル 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ