2018年04月29日

老舗の風格と愉快な遊び心、ノイマン、チェコ・フィルによるフチーク作品集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



チェコの作曲家ユリウス・フチークのマーチ、ワルツや序曲など7曲と彼の師ドヴォルザークのスラヴ狂詩曲第1番を収めたオーケストラのための小品集。

ヴァーツラフ・ノイマン指揮、チェコ・フィルハーモニーが老舗の風格と余裕を披露した第1回目の録音だ。

チェコ・フィルは当時の東側ではロシアやドイツのオーケストラに比べて遥かに柔軟なポリシーと根っからの愛国心を持っている。

丁度ウィーンの楽団がお国物を飛びっきり洒落た感覚で演奏するように、彼らはボヘミア的スラヴ魂をユーモアたっぷりに歌い上げている。

元来フチークの作品には鑑賞者に小難しい理論を振りかざしたような曲目はひとつもない。

屈託のない軍楽隊用の明るい調子のマーチや機知に富んだ短いオーケストラル・ワークは聴いて楽しいだけでなく、またバック・グラウンド・ミュージックとしてもすこぶる快活な雰囲気を作ってくれる。

『グラディエイターの入場』がサーカスの道化師の登場に使われて超有名曲になったのも、作曲家にそれだけの抜群のセンスがあったからだ。

最近のフチークの作品集ではネーメ・ヤルヴィ指揮、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団盤もリリースされていて、選曲に若干の相違があるにせよ、いずれもファースト・チョイスとしてお薦めできるアルバムになっている。

ただしこちらではリラックスした雰囲気の中にも指揮者ノイマンの祖国の作曲家に寄せる敬意と本家の自負が感じられる。

彼がオーケストラを統率するというよりはメンバーの実力を最大限尊重した解放的な演奏が聴きどころだろう。

廉価盤だが録音状態も良く、チェコ・フィル特有の瑞々しい弦楽合奏にやや渋めのウィンド、ブラス・セクションと歯切れの良いパーカッションが相俟ったサウンドも心地良い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:40コメント(0)ノイマン | ドヴォルザーク 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ