2018年05月07日

アンチェル、チェコ・フィル渾身のドヴォルザーク『レクイエム』


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



このセッションが録音されたのは1959年だが、先ずその鮮烈な音質に驚かされる。

最近この時代の録音を頻繁に聴いているが、いずれの演奏も当時のオーディオ・エンジニア達が録音に懸けた情熱が私達の想像する以上のものであったことが示されている。

このスプラフォン音源は本家の他にもドイツ・グラモフォンその他からリイシュー盤として繰り返しリリースされている。

しかしグラモフォン盤は余白にそれほど関連性のないイェルク・デムス伴奏、フィッシャー=ディースカウによるドヴォルザーク宗教曲集をカップリングしている。

ちなみに『レクイエム』と双璧をなすもうひとつのドヴォルザークの宗教曲『スターバト・マーテル』の同メンバーによる正規録音はないようで、昨年ライヴ盤がターラからリリースされたが、それは1962年のモノラル録音で、この『レクイエム』より後のものだが音質ではかなり劣っている。

ソロ以外はオーケストラ、コーラス共にチェコ勢で固めているが、アンチェルの指揮から表現されるのはドヴォルザークの国民楽派の作曲家としてのプロフィールよりも、ひとえに死者を悼む気持ちとそれへの共感が深く示されている。

レクイエムはカトリック典礼用の死者のための鎮魂ミサ曲だが、彼がユダヤ教徒であったとしても、死に対する諦観やそれを乗り越えなければならない宿命は共通するものだったに違いない。

この演奏に戦時中強制収容所で家族を失ったアンチェル自身の体験が反映されていることは間違いないだろう。

しかし彼の解釈はそうしたエモーションをダイレクトにぶつけるものではなく、情念が常に音楽的に高度に昇華され、結晶のように収斂されているために、そのサウンドには特有の透明感が醸し出されて更に奥深い印象を与えている。

ソロを歌う歌手にはソプラノにマリア・シュターダー、テノールにはエルンスト・へフリガーという当時最高の宗教曲のスペシャリストを布陣している。

彼らはこの時期並行してカール・リヒターとバッハの録音にも抜擢されているだけに、その真摯で飾り気のない歌唱に好感が持てる。

ちなみにアルトにジークリンデ・ヴァーグナー、バスがキム・ボルイ、コーラスはプラハ・フィルハーモニー合唱団というメンバーで、歴としたステレオ録音。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:29コメント(0)ドヴォルザーク | アンチェル 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ