2018年06月02日

レオニード・コーガンの名演をランダムに集めたメンブランからの10枚


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



コーガンは58歳という全盛期に他界し、奇しくも時を同じくしてモノラルからステレオ録音への交替期が訪れたこともあってレコーディングにはそれほど恵まれなかったヴァイオリニストだ。

彼のセット物ではこれまでヴェネツィア・レーベルからソヴィエト音源を収集した16枚組とワーナー・コリアからの15枚組がそれぞれリリースされているが、前者は既に廃盤、後者はコスト・パフォーマンスが難点になっている。

このメンブランのマイルストーンズ・オヴ・ア・レジェンド・シリーズではEMIだけでなくRCAなどの音源からコーガンの演奏した協奏曲、ソナタ及び彼がメンバーとして加わった室内楽などが比較的ランダムに選択されているようだ。

例えばモーツァルトとブラームスではセッションとライヴの異なった協演による2種類ずつの協奏曲を比較鑑賞できる趣向になっていて、特にブラームスではコンドラシンとモントゥーでは全く解釈が違うのが興味深い。

コリア盤に比較して単価はほぼ半額になるので、世紀のヴァイオリニストの神々しいばかりの演奏を気軽に体験できるところがセールス・ポイントだろう。

コーガンのヴァイオリン演奏は、鉄壁のテクニックをベースにしつつ、内容の豊かさを失うことがない申し分のないものであり、いずれも珠玉の名演奏と評しても過言ではあるまい。

コーガンは、テクニックと音楽表現の両面において、筆者個人はハイフェッツやミルシテインにも匹敵する名ヴァイオリニストと考えているが、色々な意味で悲劇的と言える生涯を送った彼は、その真価がなかなか正当には認識されていない傾向があるようだ。

特に日本では、コーガンというと大家と認められながらも、どちらかというと技巧派としての面ばかりに目を向けられてきたきらいがあるが、彼は音楽的な表現力も実に豊かで、もっと高く評価されるべき偉大なヴァイオリニストである。

突然死した彼の死因については、暗殺説もささやかれているが、ここに示された厳しくも彫りの深い表現と輝かしく格調の高い表現の素晴らしさには、この孤高の名手の芸の高さもが如実に映し出されている。

また、理想的なほどに自在で滑らかなボウイングのテクニックも、注目に値するものである。

音質面に関してはメンブランは無頓着なところがあって、版権の切れた過去の名演奏を低コストで提供することに主眼を置いていて、当然新しいリマスタリングは期待していなかったが、このセットは正規音源を使ったものらしく、一通り聴いた感じでは概して良好な音質で再生され、鑑賞に全く不都合はない。

また彼のさまざまなジャンルのレパートリーがまんべんなく収められていて、コーガンの至芸を堪能するには充分な質と曲数も提供している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:33コメント(0)コーガン  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ