2018年07月19日

デ・ファリャの魅力満載セット


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



このセットでは先ずバレエ組曲『三角帽子』をデ・ブルゴス、デ・ロス・アンへレス、フィルハーモニア管弦楽団の名演で聴けるのが嬉しい。

彼らの演奏にはラテン気質特有の明るさが漲っていて、デ・ファリャがこの曲に盛り込んだエキゾチックな曲想を遺憾なく表現している。

指揮者フリューベック・デ・ブルゴスは以前コンサートで何回か聴いたことがあり、その折にやはりデ・ファリャの作品も幾つか取り上げていた。

彼は既にこの作曲家のオーケストラル・ワーク集を完成させていて、言ってみればデ・ファリャは彼にとっては十八番のひとつだ。

デ・ブルゴスのファミリーはドイツ系だが、スペイン生まれのスペイン育ちだけあって、特にこの組曲の終曲「ホタ」の盛り上げ方、血の騒ぐような民族音楽的な燃焼度の高さは流石だ。

またカタルーニャ出身の名ソプラノ、ヴィクトリア・デ・ロス・アンへレスもこの頃全盛期で、情熱的なだけでなく仄かな妖艶さとチャーミングさを併せ持っている。

こうした民族色を前面に出した曲でも決して品格を失うことがない歌唱は万全だ。

このセットには幸い彼女の歌う『恋は魔術師』、『七つのスペイン民謡』、『プシケ』、『コルドバのソネット』も収録されているが、その表現の自然さ、ニュアンスの巧みさ、真似のできない歌いまわしや高音の美しさなどが堪能できる。

2曲目はカルロ・マリア・ジュリーニ指揮、上記のメンバーによるもうひとつの組曲『恋は魔術師』で、これもまたフラメンコを取り入れたアンダルシア風の曲趣が支配的だが、ジュリーニはデ・ブルゴスとは全く異なったアプローチで曲作りをしている。

冷静な譜読みできめ細かいダイナミクスの変化とオーケストレーションの特徴を丁寧に再現して民族的な熱狂は後退している。

中でも『火祭りの踊り』は映画『カーネギー・ホール』でのルービンシュタインのピアノ演奏で名声を上げた曲だが、ジュリーニはしっかりしたテンポ設定でむやみに走らず、緻密な音響設計を試みているようだ。

尚このセットではその他に『ハープシコードと五つの楽器の為の協奏曲』がゴンサロ・ソリアーノのハープシコード、ミシェル・デボストのフルート演奏で収められている。

20世紀に生きたデ・ファリャの新古典主義的な傾向を示す作品として興味深い。

録音は総て1960年代のものだが、音質は極めて良好。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:24コメント(0)ジュリーニ  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ