2018年08月13日

大自然への憧憬、ディーリアス作品集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



このセットではディーリアスの代表的なオーケストラル・ワークと管弦楽に声楽が加わる『日没の歌』を作曲家最良の理解者だったサー・トーマス・ビーチャム指揮、ロイヤル・フィルハーモニーの演奏で収めている。

録音は1956年から63年にかけて行われたものだが、総ての曲に新しいリマスタリングがされているので、初期のステレオ録音のハンディを感じさせない瑞々しい音質が蘇っている。

ディーリアスは英国生まれのドイツ人だが、創作的にはインターナショナルなスタイルをとった。

しかしその作風は同時代の作曲家が実践していた20世紀的な斬新な試みよりも、どちらかというと後期ロマン派の流れを汲んで個人的な語法を洗練させた人だった。

彼がその作品のモチーフにしたものは常に大自然であり、それゆえ完全に癒し系の音楽だが、静寂さや旋律の美しさに留まることなく内面的にも特有の奥深さを持っている。

彼は自然の密やかな営みや、刻々と変化する自然界の神秘に憧憬の念を抱いていたに違いない。

それは彼自身が帰るべき心の故郷だったのだろう。

ディーリアスが10歳ほど年下のヴォーン・ウィリアムズに少なからぬ影響を与えたことは確実だ。

例えば『ブリッグの定期市』では古いイングランド民謡をベースにヴァリエーションの形式で繰り返し、1年に1度開かれるブリッグの町に集う恋人達の出会いを大自然の中に暗示している。

サー・トーマス・ビーチャムの指揮は誇張のない自然体で、ロイヤル・フィルから流麗で甘美な音楽を引き出している。

それぞれの曲の解釈に古めかしさを感じさせないのも、彼の普遍的で卓越した音楽性のあらわれだろう。

尚最後の『日没の歌』のソロはジョン・キャメロンのバリトン、モーリン・フォレスターのコントラルトでビーチャム・コーラル・ソサエティの合唱が加わる。

ライナー・ノーツは11ページほどで、曲目紹介、録音データの他に英、独、仏の解説付だが、歌詞カードは付いていない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:09コメント(0)ビーチャム  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ