2020年08月30日

「素朴派」アイヴズのメッセージを丁寧に伝えるバーンスタイン


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バーンスタインがアイヴズを高く評価していたのは、アイヴズの作風のみならず(アメリカの)作曲家としてのスタンスに共感し敬服していたことに他ならない。

この交響曲第2番は作曲(1902年)されてから実に半世紀も日の目を見なかった作品だが、それを発掘し初演(51年)したのが当のバーンスタインである。

このディスクは、その初演から実に36年ぶりにあたるバーンスタインのニューヨーク・フィル桂冠指揮者記念演奏会のライヴ録音(1987年)になる。

弦の音色はやや刺激的だが、第1楽章ではこの曲に相応しい雰囲気の表出がよく、アイヴズ特有の書法が巧みに整理されている。

第2楽章での流動感、第3楽章の親しみと愛着を誘う表情もバーンスタインらしいし、終楽章では不思議なほど聴き手をわくわくさせる音楽に仕上げていて、マーチのリズムも惚れ惚れとするほど歯切れが良い。

またバーンスタインは、一貫してメロディストとしてのアイヴズを強調していて、アメリカの田舎のブラス・バンドや聖歌などのイメージが描出されるノスタルジックな第2、3楽章、そしてアメリカの愛唱歌などがふんだんに引用されるコラージュ風の第5楽章など、素朴にして晦渋な内容を直截簡明に、しかも熱っぽく表現していく。

この演奏での特徴は何と言っても第3楽章が異様に遅いことで、特にアラルガンドがティルソン・トーマスを聴き慣れた耳にはびっくりするほど遅く、続く「ミッショナリー・チャント」「主人は冷たい土の下に」の引用断片に注意を喚起しているのだろうか。

このタイムの設定理由は「アメリカ・ザ・ビューティフル」の引用旋律をたっぷり歌いたいというところにあるのだろうが、この楽章には実はブラームスの交響曲第1番第2楽章からの引用もあって、バーンスタインはブラームスの交響曲もゆっくり振っていたのを思い出させる。

面白いのは、ワーグナー『トリスタンとイゾルデ』前奏曲の引用が現れる前に彼の力む声が入っていることで、寄しくも引用の存在を知らせる合図になっている。

バーンスタインは、「ロング・ロング・アゴー」や「草競馬」は、バッハやブラームス、ワーグナーの旋律に匹敵するものであるというアイヴズの主張を、はっきり分かるような形で第5楽章で高らかに奏される「おお、コロンビア」に代表させている。

アイヴズが自信をもって採用したアメリカの旋律を、いかにも交響曲の主題らしく扱い、最後の不協和音もティルソン・トーマスのようにあっさり切り上げるのではなく、風格をもって長く引き伸ばすことで、アイヴズのスコアに確信的な響きをもたせている。

ただ、全部で22曲あるアイヴズの引用を様式の異種混合性を獲得する(コンテクストを複雑にずらす)手段として把握し処理するよりは、旋律素材として丁寧に歌い込んでいるため、アイヴズがもしかすると望まなかったほどの首尾一貫性を獲得しているような気もする。

ティルソン・トーマスの演奏では、聴き手は今でもそのサウンドの斬新さに目を奪われ、アイヴズの持つ音楽の真の芸術的価値を分かりにくくさせるかも知れないが、バーンスタインは、むしろより伝統に近付けて(彼自身の言葉によると「正真正銘の素朴派」)アイヴズのメッセージを伝えることに全力を注いだと言える。

この演奏なくしては、同曲を語ることはできない。

カップリングされている小品集も同じように多種・多彩で、それぞれの楽想が率直・明快に示されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:19コメント(0)バーンスタイン  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ