2019年07月11日

早世したアルヘンタ、お国物の圧倒的な強み、スペイン特有の強烈な光彩や民族的リズム


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アタウルフォ・アルヘンタは1913年生まれのスペインの指揮者で、若い頃から欧米で修行し32歳でマドリード国立管弦楽団の常任指揮者に就任して将来を嘱望されたが、44歳で事故死したため録音された彼のレパートリーはごく限られている。

この2枚組のCDには彼が精力的に取り組んだ20世紀のスペインの作曲家の作品と、庶民性の高いサルスエラから管弦楽と歌物をピックアップした選曲になる。

2枚目は音楽的にごく高尚なものとは言えないが、スペイン特有の強烈な光彩や民族的リズムに溢れていて、その意味ではお国物の圧倒的な強みを持っている演奏には違いない。

しかしオーケストラは1枚目に比べると非力で指揮者の要求する音楽について行けない部分が聞かれるし、またアンサンブルも肌理がやや粗い。

録音状態は決して悪くはないが、曲によっては残響が多過ぎたり、ミキシングのバランスもクラシック向きではない。

確かにここに採り上げられたロマンティック・サルスエラという曲種自体芸術的な題材を扱った音楽劇とは言い難い。

どちらかと言えば地方色豊かな歌と舞踏を交錯させた、どこにでもありがちな大衆の恋愛話が殆んどなのである。

勿論実際の舞台を観るのであれば別だが、そこから音楽だけをピックアップしたCD2枚は多少食傷をきたす曲数というのが実感だ。

むろんBGMやダンスなどの実用のために使うのなら贅沢なくらい立派な選択肢と言える。

純粋な管弦楽として鑑賞されたい方には同じくアルヘンタの指揮した『エスパーニャ』と題された英デッカ盤か、もしくはデ・ブルゴス指揮、ニュー・フィルハーモニア及びロンドン・フィルハーモニーとの新しい録音の方をお勧めしたい。

 

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0) | クラシック音楽用語解説 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ