2019年08月10日

作品に対する真摯な態度と瑞々しい詩的な感興を行き渡らせた明晰で率直なカッチェンのブラームス


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



42歳で早世した天性のピアニスト、ジュリアス・カッチェンが30代後半に録音したブラームスのピアノ・ワーク集で、総てのピアノ曲を網羅した全集ではないが、6枚のCDからなるボックス・セットには幸い代表作の殆んどが収録されている。

例えばバッハからの編曲になる『左手の為のシャコンヌ』を含む5つの練習曲や、その他数曲に関しては省かれている。

いずれも1962年から65年にかけての、カッチェン30代後半の全盛期の録音で、彼の典型的な演奏スタイルが映し出されているだけでなく、短かった生涯を駆け抜けるように精力的に生きた彼の芸術に触れるには絶好の曲集だろう。

カッチェンの作品に対する真摯な態度とその奥に瑞々しい詩的な感興を行き渡らせた演奏によって、今日も尚、ブラームスのピアノ曲における1つの指針としての価値を持つ。

そして何よりも指摘しなければならないのは、どの音にもピアニストの音楽に対する感動が生き生きと投影されていることだ。

それは、ある時にはブラームスの若々しい叙情性を引き立てているし、また時には老作曲家のささやかな旋律にしっとりとした詩情を与えている。

今、技術的にはこの上をゆくピアニストはいくらでもいるだろうが、こんな演奏を聴かせてくれる人はそうざらにはいない。

この曲集のなかでもメインは3曲のソナタと5曲のヴァリエーションになるが、そのほかのバラードやラプソディーなどの小品でもカッチェンは嫌味のない真摯な演奏を聴かせてくれる。

基本的に彼の解釈は率直かつシンプルなもので、どんなに大曲であってもくどくならないし、非常に幅広いダイナミズムを駆使して、超絶技巧で猛進するような覇気と沈潜した静寂とが少しも不自然にならずに表現されている。

また注意深く控えめなペダリングで常に明晰な音を保っているのも特徴的だ。

特に3曲のピアノ・ソナタをこれだけ鮮烈に弾ききった演奏も珍しい。

最後のCDのハンガリー舞曲集では豪快で奔放な指さばきを披露して楽しませてくれる。

同舞曲の第11番から第21番まではフランスのピアニスト、ジャン・ピエール・マルティとの連弾になる。

当時のデッカの録音技術も概ね満足できるもので、ごく一部に音の歪みが聞かれる程度で全体的に時代の経過はそれほど感じさせない。

尚1枚目のアンダンテニ長調、インテルメッツォロ短調、そしてアンダンテ・コン・モートロ長調の3曲のみがモノラル録音になる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 11:57コメント(0)ブラームス | カッチェン 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ