2019年07月06日

イタリア・オペラ界を担った名バリトン、ブルゾンのオール・ドニゼッティ・リサイタル


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



レナート・ブルゾンが40代にヴェローナのフィラルモニコ劇場で録音したガエターノ・ドニゼッティのオペラ・アリア集を中心に、更に『レクイエム』から2曲、そしてボーナス・トラックとしてヴェルディのアリア3曲が収録されている。

ブルゾンはカップッチッリ以降のイタリア・オペラ界を担った名バリトンで、幾つかの演目を観る機会に恵まれた。

カップッチッリの声は劇場の隅々まで響き渡る大音声で、声自体の魅力を最大限に発揮した大歌手時代の最後の一人だったのに対して、ブルゾンは高貴な雰囲気の漂う美声を知的な演技に活かした全く別のタイプのバリトンだった。

それは丁度その頃からアバドやムーティによって台頭した原典主義の演奏と無関係ではない。

彼らはイタリア・オペラのレパートリーで歌手が習慣的なカデンツァや高音を付け加えたり、テンポを気ままに動かすことを許さず、スコアに書かれたままの音楽を再現することによって作曲の原典を探ろうとした。

ブルゾンもこうした芸術的な傾向に賛同した歌手だった。

だから彼は作曲者が書き入れなかった装飾音や高音は歌わない。

その意味で彼の歌唱はシンプルだが、それだけにドラマ全体の筋を見極めた精緻な表現に重きを置いた新しい時代のオペラの担い手だった。

ドニゼッティはオペラ・セリアでもバリトンに重要な役柄を託したために多くのバリトン用のアリアを書いたが、ここに選ばれたオペラには『愛の妙薬』もなければ『ルチア』も含まれていない。

メジャーな作品は『ファヴォリータ』と『シャモニーのリンダ』くらいでその他は本家ベルガモのドニゼッティ劇場での上演も稀だ。

また特に英雄的な唱法も求められてはいないが、その代わりにこれでもかというカンタービレの基本が総て示されている。

こうしたアリアを歌いこなすことによって、ヴェルディのよりドラマティックな表現へ発展させることができる一種の通り道でもあり、歌手にとっても更に多様な歌唱力を養う重要な足掛かりになる作品群に違いない。

バリトン歌手がドニゼッティのアリア集のみを録音したという前例もないが、ブルゾン自身は若い頃から多くの舞台経験を積んでいて、ドニゼッティのオペラのレパートリーだけでも13の役をものしていたが、そうした経験がこのアリア集に独自の価値を与えている。

ドニゼッティの『レクイエム』は、友人ベッリーニの夭折を悼んで作曲されたもので、ここではパヴァロッティとのデュエットになる「ユデクス・エルゴ」とバリトン・ソロの「ドミネ・イエース・クリステ」の2曲のみの抜粋なのが惜しまれる隠された名曲のひとつだ。

尚ボーナス・トラックの3曲のヴェルディは、流石に当代のヴェルディ歌いとしての貫禄をみせている。

この3曲だけはライヴ録音で、ブルゾンはそれぞれのアリアでヴェローナの聴衆から大喝采を受けている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 11:47コメント(0)ドニゼッティ  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ