2019年11月16日

フルニエのテクニックと音色を最高度に捉えたブルーレイ・オーディオ盤


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ドイツ・グラモフォンからは既に25枚組のピエール・フルニエ・エディションがリリースされている。

その中から先ずバッハの無伴奏チェロ組曲がブルーレイ・オーディオ化され、そして今回ベートーヴェンのチェロとピアノのための全作品集が加わった。

しかしここでもレギュラー・フォーマットのCD2枚と抱き合わせのセットになっている。

小出しに高音質化をしていくところにユニヴァーサルの商売気が感じられないこともないが、24bit/192kHzでリマスタリングされたブルーレイで聴く限り音質はやはり向上している。

両者の音像が広がり過ぎず、中央に位置するチェロとやや右側後方のピアノのバランスが奥行きを感じさせながら、まとまりの好い状態で再生される。

チェロのソロは確かに解像度が高く、今まで聴き逃していた微妙な擦弦音や表現の変化も聴き取ることができる。

一方ピアノは従来のCDではいくらかきつく感じていたところも硬さがとれて光沢のある、よりまろやかな響きになっている。

それによってグルダの軽快なウィーン流の奏法も更に快活に聴こえてくる。

このセッションが行われたのは1959年で、録音会場はウィーンのムジークフェライン・ブラームス・ザールである。

この時フルニエは52歳の円熟期で表現力とテクニックにおいても全盛期を迎えていた。

グルダはその頃29歳で新進気鋭の若手ピアニストだった。

このベートーヴェン作品集は彼らの最も充実した時期の、自由闊達な中にも幸福感を感じさせる演奏だ。

フルニエはこの6年後にもケンプと組んで同じ曲集をパリのプレイエル・ホールで再録音している。

どちらか一方を選択するとすれば、筆者個人としてはグルダの若さと覇気が絶妙な雰囲気を醸し出しているこちらをお薦めしたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:25コメント(0)フルニエ | グルダ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ