2020年02月23日

他の追随を許さないオリジナリティー、ローカル色豊かなお家芸、第一級の演奏家によるチェコのセレナード集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



チェコ・スプラフォンからは数種類のお国物のアルバムがリリースされている。

いずれも第一級のチェコの演奏家が参加していて単なる郷土の祭典に終わらない奥深さがある。

第1曲目から弦楽合奏の美しさに耳を奪われる。

弦の王国と言われるだけあって、チェコは歴史的にも多くの優れた弦楽器奏者を輩出している。

彼らが培ってきた伝統的な奏法とその秘訣に裏付けられた演奏であることが納得できる。

このディスクではソロ・パートでもヴァイオリンのフデチェクやカニュカがその美音を披露するだけでない。

他の追随を許さないオリジナリティーに満ちた解釈でローカル色豊かなお家芸を味わうことができるのは、音楽を鑑賞する上でのひとつの醍醐味に違いない。

演奏者それぞれが熱烈な愛国心を持っていることは疑いない。

それが決して偏狭なナショナリズムに陥らない、高踏的な普遍性を目指しているのは、やはり彼らがインターナショナルな感性に磨きをかけることも怠らないからだろう。

セレナードに関する16曲を集めているので、多くは作品の一部をピックアップした万人向けの編集になる。

全曲を聴きたい場合はスプラフォンがここに収録された大概のレパートリーをカバーしているので、サンプラーとしても役立つだろう。

もう1枚の『チェコ珠玉の小品集』とともにお薦めしたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:05コメント(0)ドヴォルザーク | スーク 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ