2021年08月25日

亡命前のコンドラシン、音質良好なシチェドリン作品集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



20世紀を代表するロシアの作曲家ロディオン・シチェドリン(1932-)の作品集になり、最初の2曲は1964年にメロディアによってモスクワでセッション録音されたものだが、比較的鮮明でワイドな音場のステレオ録音であることが特長だ。

オーケストラはコンドラシンの手兵モスクワ・フィルハーモニーで、彼らの代表的なレコーディングといえば、間違いなくショスタコーヴィチの交響曲全集とマーラーの同選集だが、幸いそれ以外にもメロディアには貴重な音源が残っている。

それがこのディスクとスクリャービン及びハチャトゥリアンをカップリングした2枚で、現在いずれも製造中止の憂き目に遭っている。

ただしここに収録された交響的組曲及び管弦楽のための協奏曲第1番『お茶目なチャストゥーシュカ』はヴェニアスからの9枚組のCD8に復活している。

亡命前のコンドラシンのレパートリーを知るための数少ないサンプルでもあり、幸い音質にも恵まれているので、将来SACDなどの高音質化での復活を望みたいところだ。

シチェドリンは自作のオペラ『愛だけでなく』から、交響的組曲として6つの楽章からなるオーケストラル・ワークに編曲している。

管弦楽のための協奏曲でも現代作曲家らしく鮮烈なオーケストレーションと、この時代のソヴィエトでは珍しくユーモラスな感性が反映されているのが印象的だが、コンドラシンのコミカルな作品に対する軽妙な解釈としても興味深い。

歯切れの良い絶妙なリズム感で手際よく纏める手腕は、彼がボリショイ劇場時代に上演した多くの舞台作品から会得した統率力なのだろう。

モスクワ・フィルはコンドラシンによって鍛えられた楽団だけに両者の間には馴れ合いは感じられず、常に特有の緊張感が保たれている。

それはムラヴィンスキーとレニングラード・フィルの関係に一脈通じるものがあるが、レパートリーに関してはムラヴィンスキーより遥かに柔軟で、積極的に同時代の作曲家の作品を採り上げている。

尚コンドラシンが参加していないディスク後半の2曲は『ディオニュシオスのフレスコ画』と『ストラダーニヤ』で、前者はフルート、クラリネット、イングリッシュホルン、ファゴット、ホルンにヴィオラ、チェロ、チェレスタとグロッケンシュピールが加わる9つの楽器のための室内楽作品。

アレクサンデル・ラザレフ指揮、ボリショイ劇場ソリスト・アンサンブルによる1984年の録音。

最後は1976年に収録された、オペラ『愛だけでなく』からピアノ伴奏付ソプラノのためのアリアになり、イリーナ・アルキポーヴァのソロ、ピアノはシチェドリン自身が弾いている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:26コメント(0)コンドラシン  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ