2020年10月31日

ハンス・シュミット=イッセルシュテット、公式の初CD化2枚、才能あふれる交響曲指揮者による感動のドヴォルザーク


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



以前LP盤3枚でリリースされたオーケストラル・ワーク集で、長い間入手困難だった音源をエロクエンスがCD化した2枚組。

シュミット=イッセルシュテットは生涯にそれなりの量の音源を遺しているが、不運にもステレオ時代の大手レコード・メーカーには僅かなレパートリーしかセッション録音できなかった。

このCDセットも1枚目は1953年のモノラル録音で、ドヴォルザークの交響曲第7番は同年春にハンブルク放送交響楽団との2回目の演奏旅行の際ロンドンのキングスウェイ・ホールで演奏したものになる。

劇的なほど感動を与えるドヴォルザークの録音集で、どれも才能あふれる交響曲指揮者としてシュミット=イッセルシュテットが戦後に活躍していた時期の録音だ。

彼は律儀な解釈で知られている典型的なドイツの指揮者だが、ここで聴かせる情熱的で柔軟な統率は、決して堅物の音楽家ではないことを示している。

2枚目は1963年の歴としたステレオ録音で、ドヴォルザークの弦楽のためのセレナード及び管楽器アンサンブルのためのセレナードの2曲が収録されている。

こちらは流石に楽器の音色を生かした瑞々しい解釈が堪能できる貴重な音源だろう。

北ドイツ放送交響楽団はブラームスを得意としていたが、彼から強い影響を受けたドヴォルザークの作品だけに面目躍如の演奏だ。

ハンス・シュミット=イッセルシュテット(1900-1973)は終戦直後の1945年にロンドンのBBC交響楽団を模範としたハンブルク放送交響楽団を設立し、音楽監督も務めた。

ダルムシュタット、ハンブルク、ベルリンでオペラ指揮者として始まった音楽人生だったが、後に交響曲指揮者として円熟した晩年を過ごした。

本盤によって新世代の音楽愛好家の方々にもこの指揮者の名前を知っていただけることだろう。

このディスクでは1枚目と2枚目ではオーケストラの名称が変わっているが、実際には北ドイツ放送交響楽団は前者と同一楽団で、再編成後に北ドイツ放送(NDR)の名を掲げている。

尚現在ではNDRエルプフィルハーモニー管弦楽団と再び改称しているので、オールド・ファンにとってはいくらかややこしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 09:12コメント(0)ドヴォルザーク | ブラームス 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ